「終わったのに花をもらえない…」光石研、朝ドラ『エール』裏話を明かす!

投稿日:2021/10/08 15:51 更新日:

10月8日放送の「あさイチ」(NHK総合)の「プレミアムトーク」では俳優の光石研さんがゲストとして登場。昨年放送されたNHK連続テレビ小説「エール」について、光石さんが裏話を明かし話題を集めました。

マイク

■光石研、薬師丸ひろ子との夫婦役に本音

今回のゲスト、光石研さんは1981年に公開された映画「セーラー服と機関銃」に出演。当時はまだ高校生だった薬師丸ひろ子さんの同級生を演じました。

最近では、そんな光石さんが昨年放送された朝ドラ「エール」で今度は夫婦役で薬師丸さんと共演したことが話題に。

鈴木奈穂子アナウンサーが「光石さんといえば『セーラー服と機関銃』で薬師丸さんと同級生役をされていました。朝ドラでの夫婦役を見て1人じわじわ感動していました」と視聴者からのメッセージを紹介すると、光石さんは「大スターでしたからね。薬師丸さんは…。もうすごかったですから」と当時を振り返ります。

また、博多華丸・大吉の博多大吉さんが「『セーラー服と機関銃』の時は主役中の主役で、そういう関係だった2人が何十年か後に夫婦っていうのは」と感慨深そうに言うと、光石さんは「めちゃくちゃ嬉しかったです」とコメント。

すると「快感ですか?やっぱり」と劇中の薬師丸さんの名台詞「カ・イ・カ・ン!」にかけて話を振る博多華丸さん。光石さんは思わず苦笑し、大吉さんが「あのとき以上に快感でした」と光石さんをフォローしました。

■「終わったのに花をもらえない…」光石研、朝ドラ『エール』裏話を明かす!

一方で、光石さんは「エール」では二階堂ふみさん演じる関内音の父親・関内安隆役で出演。安隆は物語序盤で亡くなるも、幽霊役で再登場していました。

鈴木アナが「『エール』も結構思い出深い作品になりましたか?」と尋ねると、光石さんは「楽しかったですね。やっぱり。あの…まさか幽霊で僕が再登場するとは全く思っていなかったので」とコメント。

続けて、光石さんは「どうもこれで終わったのに花をもらえないなって思ってたんですよね。これでもう終わりのはずなのにって…。そしたらまた台本がきて幽霊で出る『えっ!?』と思って」と幽霊役で再登場する事になり、心底驚いたようです。

続けて、大吉さんが「ちょっとスピンオフ的な感じで」と話すと、光石さんはさんは「あの回は…楽しかったですね。何か」と撮影の思い出を振り返りました。

今回の放送に対して、ネット上では「あさイチ、光石研さんだったんか…エールのお父さん役はよかったよね。特にスピンオフの時の幽霊、笑」「光石さん、『セーラー服と機関銃』で薬師丸ひろ子ちゃんの同級生役だったとは知らなかった。朝ドラ『エール』での夫婦役共演はお互い嬉しかっただろうね」「光石さん素敵よね。エール音ちゃんのお父さん役素敵だったな。薬師丸さんとダンスするシーン思い出しちゃった」などのコメントが上がっています。

「セーラー服と機関銃」で薬師丸さんの同級生を演じ、最近では「エール」で夫婦を演じた光石さん。再共演した喜びを嬉しそうに話す姿は印象的でしたね。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.