乃木坂46高山一実、生放送で"間に合わなかった"トラブルを激白!「本当申し訳ありませんでした」

投稿日:2021/09/22 9:52 更新日:

俳優の谷原章介さんとアナウンサーの赤木野々花さんがMCを務める音楽番組「うたコン」(NHK総合)。9月21日放送回では、最後の出演となる乃木坂46・高山一美さんが番組での思い出を振り返り、話題となりました。

高山一実

(画像:時事)

■高山、生放送で"間に合わなかった"トラブルを激白!「本当申し訳ありませんでした」

2016年10月18日放送回で初出演して以降、これまでに何度も番組に出演してきた乃木坂46。

その1期生である高山さんは、22日に発売予定の28枚目シングル「君に叱られた」での活動を以てグループからの卒業を発表しています。

そんな高山さんについて、「もう高山さんの笑顔には、本当に『うたコン』スタッフ一同みんな癒されてた」と振り返る谷原さん。

「乃木坂46での10年間の活動、思い出一杯あると思いますが、何か今出てくる思い出ありますか?」と尋ねます。

この質問に高山さんは「うたコン」での思い出として、「『Sing Out!』と言う曲を披露させていただいた時に、私、曲頭間に合わなかった事があるんですよ。マイクの付け替えが間に合わなくて」と、失敗談を告白。

「本当、申し訳ありませんでした、あの時は」と謝罪しました。

その出来事が起こったのは2019年6月4日放送回。実際にその時の映像を確認してみる事に。

すると曲が始まった時点で、スタンバイするメンバーたちの中に高山さんの姿はなく、慌てた様子で駆け込んでくる様子が映っていました。

「(ポジションに)ついた瞬間、なんかちょっと微妙な顔されてましたけど、始まった瞬間、一糸乱れぬ感じ。さすがだなと思います」と感想を口にした谷原さん。

「生放送の恐ろしさを学ばせていただき、ありがとうございました」と恐縮する高山さんに対し「生放送の面白さでございます」と笑顔でフォローしていました。

■「すごく人の心を魅了する笑顔だと思う」新センター・賀喜に贈る先輩・高山からのエール

「自分の未来に向けてね、明るい一歩を踏み出せると良いですけれども」と優しい表情で語り掛ける谷原さん。

「アイドルグループの卒業って言いますと、新しいメンバーが加わったり、先輩が卒業していって、どんどんどんどん続いていくものだと思う」とした上で、「そのバトンを引き継いでいく賀喜さん、いかがですか?」と、今作でセンターを務める4期生・賀喜遥香さんに尋ねました。

これに賀喜さんは、「緊張もしたりするんですけど、大切な場所ってわかってるからこそ、メンバーとかファンの皆さんとかに、『あなたがセンターでよかった』って言っていただけるような人になれるように頑張りたい」と決意を語ります。

そんな賀喜さんに、「もうすでに思ってるよ。センターでよかったって」と太鼓判を押す高山さん。

「賀喜ちゃんの笑顔はすごく人の心を魅了する笑顔だと思うので、これから頑張ってね」とエールを贈りました。

■「うるっと来てしまう」高山×谷原のやり取りにファンも感動!

今回の放送に対し、ネット上には「あと何回乃木坂46のかずみんを見られるんだろう…卒業が迫って寂しいけど、見る度にキレイ………」「谷原さんってほんとにいつも優しいんだよね...うるっと来てしまう」「"これまで"のことだけじゃなく"これから"のことについても谷原さんが聞いてくださったことで、この楽曲がより一層輝いて見えた。敬意と憧れと好きという想いが繋がって続いてきたのが乃木坂46というグループ」など多くのコメントが投稿されていました。

最後の出演で失敗談を振り返り、改めて謝罪する謙虚な高山さん。

そんな高山さんの話を終始穏やかな表情で、想いを汲み取るように聴いていた谷原さんとのやり取りが印象的でしたね。

その笑顔でスタッフを癒してきた高山さんから、人の心を魅了する笑顔を持つ賀喜さんへ、これまで先輩たちが築き上げてきた乃木坂らしさがしっかりと受け継がれていく様子を見て、改めて胸を打たれたという方も多いのではないでしょうか。

【番組情報】
うたコン
https://plus.nhk.jp/watch/st/g1_2021092133609

(文:こじこじ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.