『辞めたら友達になれると思うとすごく嬉しい』乃木坂46・高山一実、西野七瀬に綴った手紙の内容を告白

投稿日:2021/09/20 11:01 更新日:

乃木坂46筒井あやめさんがパーソナリティを務めるラジオ番組「乃木坂46の『の』」(文化放送ほか)。9月19日放送回には1期生・高山一実さんが出演。独自の友情論を明かし、話題となりました。

高山一実

(画像:時事)

■「自分も芸能人に…」高山一実、心境の変化を告白!きっかけはあの親友

9月22日に発売予定の乃木坂46にとって28枚目となるシングル「君に叱られた」の活動を以てグループからの卒業を予定している高山さん。

番組への出演もこれが最後ということで、高山さんに関する名場面を募集しました。すると、OGである西野七瀬さんとのエピソードが多く集まったそう。

高山さんと西野さんの仲の良さはファンの間でもよく知られており 。たかせまる。という愛称で呼ばれている程です。そこで「卒業の事って、二人でお話とかされたんですか?」と質問する筒井さん。

これに高山さんは「卒業の話はねぇ、してないと思うな」と答え「乃木坂46居た時もそんな仕事の話してない訳、うちらって。だから会話の内容は変わってない。けど会う頻度がやっぱグループの時に比べたらすごい減っちゃったから、めちゃくちゃ寂しいけど」と心の内を語りました。

街中で西野さんのポスターなどを見かける度に「あれ?友達がなんかここにも居る。友達がここにも居るって思うと、自分も芸能人になったのかな?みたいなのを最近思うようになった」と、自身の心境の変化を語る高山さん。

そんな高山さんに対し、筒井さんは「最近なんですね」と驚いていました。

■『辞めたら友達になれると思うとすごく嬉しい』高山一実、西野七瀬に綴った手紙の内容を告白

「学生時代の友達って、卒業した後に私はなんか…そういう所属から外れた後に友達って思えるようになるんだよね」と、独自の友情論を明かす高山さん。

以前、西野さんの誕生日に贈った手紙にも「(乃木坂46を)辞めたら友達になれると思うとすごく嬉しい」という気持ちを綴った事を明かしました。

その上で「だから私はなぁちゃんが卒業してから、もう友達だなぁってすごい思ってるんだけど、私も卒業したら本当、ただの友達だなっていう感じ」だと語ります。

さらに高山さんは「芸能界入ってから、メンバーとしか会わないから友達ができないってすごい嘆いていた時期がある」と告白。これに筒井さんも「はい、同じです」と、まさに今同じ悩みを抱えている事を打ち明けます。

すると高山さんは「でもね、そんなあやめちゃんにお伝えしたい事がね。本当、心配しなくていい。長い目で見たら今のメンバーごっそり友達になりますから。長い付き合いの深い友達がごっそりできる訳よ。これは本当にね、良いもんですよ」と太鼓判を押します。

これに筒井さんも「心配しなくて大丈夫、よかったぁ」と安堵していました。

■「心が軽くなる気がした」高山一実の名言に反響

今回の放送に対し、ネット上には「『ごっそり友達になりますから』は名言だなぁ。そう言い切れる程、現役メンバーとOGの仲が続いてるってのも乃木坂の魅力の一つ。とてもエモい」「なぁちゃんとかずみん。なんて事ない話が普通に出来たり、お互いふざけあったり出来る関係性。空気感も含めてホント好き」「大丈夫、心配しなくていいよって一実ちゃんに言われると安心して何だか心が軽くなる気がした。泣く、染みる」など多くのコメントが殺到。

高山さんが語った友情論が胸に沁みたという方が多かったようで、番組公式ハッシュタグ「#乃木のの」が一時、Twitterのトレンドに入る事態となりました。

かつての自分と同じ悩みを抱える後輩・筒井さんに対し「長い付き合いの深い友達がごっそりできる」と背中を押すように語る高山さんの姿が印象的でしたね。

そんな高山さんの優しさに触れ、改めて胸を打たれたという方も多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
乃木坂46の「の」
https://radiko.jp/#!/ts/QRR/20210919180000

(文:こじこじ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.