「ペロペロ重視じゃない」オダギリジョー、本田翼の顔を舐めるシーンに本音!

投稿日:2021/09/19 16:31 更新日:

9月19日放送の「土曜スタジオパーク」(NHK総合)では、同局で放送中のドラマ「オリバーな犬、 (Gosh!!) このヤロウ」に出演する池松壮亮さんとオダギリジョーさんがゲストとして登場。オダギリさんがドラマの裏話を明かし話題を集めました。

オダギリジョー

(画像:AFP=時事)

■オダギリジョー、1人で3役をこなす!

オダギリジョーさんが脚本・演出を担当するドラマ「オリバーな犬」で池松壮亮さんは鑑識課警察犬係に所属する警察官・青葉一平を演じています。

一平は警察犬・オリバーとコンビを組んで捜査を行いますが、一平にはオリバーが犬の着ぐるみを着たおじさんに見えるとの秘密があります。

そんな着ぐるみ姿のオリバー役を演じるオダギリさんは、1人で脚本・演出・演者と3役をこなしているのです。

■「ペロペロ重視じゃない」オダギリジョー、本田翼の顔を舐めるシーンに本音!

とりわけドラマの中で話題になったのが、オダギリさん演じるオリバーが一平の同僚で同じハンドラーの柿崎ユキナ(本田翼さん)の顔をペロペロと舐めるシーン。

VTRで登場した本田さんは、オダギリさんについて「確か台本読んだ時に顔面ベロベロもビックリしたんですけど、ちょっとブチ抜けちゃってる感じをみると、ペロペロぐらいじゃ動じませんよっていう気持ちになりました。とりあえず麻生(久美子)さんに厳しい」とコメント。

VTR終了後、ハリセンボン・近藤春菜さんは「本田さんは顔をちょっとペロンってしたいなみたいのはあったんですか?下心みたいな。そうじゃないですよね?」と率直な疑問をぶつけます。

すると、オダギリさんは「いやいや、本田さんにあの役本当にすごい悩んで、あの役は確かに10人ぐらい候補が出たんですよ。プロデューサーの方の意見とかいろんな方の意見を総合して、みんなで本田さんだねっていうことになって」とキャスティングの裏話を告白。

そのことを踏まえてオダギリさんは「だからペロペロ重視じゃない」と改めて本田さんの顔を舐めたかったわけではないと強調しました。

続けて、オダギリさんは「あれ本当に僕が嫌だったんですよ。自分でやんなきゃいけないから。本当にこういうふうなことになるなと思うから」と、苦い表情を浮かべます。

■オダギリジョー、麻生久美子に厳しかった理由とは?

番組の後半では、視聴者からの「そうそうたる顔ぶれが集まった作品ですが、思わず笑いが止まらなくなってしまうようなお芝居をされた俳優さんはいらっしゃいましたか?今後の展開も楽しみにしています」というメッセージを紹介。

すると、オダギリさんは「僕はやっぱ麻生さんが好きでしたね。面白かったですね」と一平の上司・漆原冴子役で出演する麻生さんの名前をあげます。

この話を聞いた足立梨花さんは「麻生さんには厳しかったんじゃないかって」と指摘すると、オダギリさんは「やっぱり麻生さんの役が笑いを生むキャラクターなので間とかタイミングとか大切になるじゃないですか。笑いって作っていくのがすごい難しいので、その辺は本当に事細かい演出になっちゃいましたね」と麻生さんに厳しく演技指導をつけた理由を明かしました。

今回の放送に対して、ネット上では「いやぁ面白い話がいっぱで面白かった!」「オダギリジョーも池松壮亮くんも話す時のトーンがいいな もちろん、話す内容も」「オリバーな犬 、裏話楽しい」などのコメントが上がっています。

本田さんの顔を犬のようにペロペロするシーンについて「ペロペロ重視じゃない」と断言したオダギリさん。その言葉は、ドラマを見ている視聴者にとって、面白いポイントとなったようです。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.