まるで三谷幸喜の作品!中谷美紀とドイツ人夫の出会いの“出来過ぎ”に博多大吉が「それ脚本」のツッコミ

投稿日:2021/09/17 14:20 更新日:

9月17日放送の「あさイチ」(NHK総合)の「プレミアムトーク」では、女優の中谷美紀さんがゲストとして登場。中谷さんが夫のティロ・フェヒナーさんと出会ったきっかけを明かし話題を集めました。

中谷美紀

(画像:時事通信フォト)

■中谷美紀、夫との馴れ初めを明かす

2018年、ドイツ出身でウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のビオラ奏者のティロ・フェヒナーさんと結婚した中谷さん。現在は日本とオーストリア・ザルツブルクで2拠点生活を送っていると言います。

フェヒナーさんと知り合ったきっかけについて、中谷さんは「東京で出会いがありました。偶然の出会いでした。たまたま訪れたレストランで私は仕事帰りでたまたま遅くなったものですから、誰にも会わずに1人でさくっと食事をして…。次の日ニューヨークに発つ予定でしたので。次の日に備えようと思っていたらあちらは3人でいらしていて」とコメント。

この時、一緒に食事をすることになったそうで、中谷さんは「それでどこからいらしたんですか?と伺ったらザルツブルクからだとその中の1人の方が…。私にとってはザルツブルクというのは夢の憧れの場所でして、生涯、一度でいいからザルツブルクの音楽祭に行ってみたいとずっと願っていたんです」とコメント。

続けて、中谷さんは「そのザルツブルクからいらした方々だったのでちょっと興奮してしまいましてお話が続いてしまったんです」とザルツブルクというワードに惹かれてフェヒナーさんたちに興味を持ったと明かしました。

■まるで三谷幸喜の作品!中谷美紀とドイツ人夫の出会いの“出来過ぎ”に博多大吉が「それ脚本」のツッコミ

この時は翌日ニューヨークに発つ予定があったため、中谷さんはフェヒナーさんからの誘いを断ったとのこと。

そんな中、金沢に行く予定のあるフェヒナーさんに寿司屋を紹介して欲しいと頼まれた中谷さん。寿司屋を紹介するも「どうやら私の聞き間違いで軽井沢だったんですよね」と間違えた情報を教えてしまったことが判明します。

しかし、中谷さんは「それで、すれ違いがあっていろいろメールのやり取りもあり…。申し訳ないので東京でお寿司屋さんをご案内しますということでそこから交流が始まりました」と、このことがきっかけで交流が始まり、親密な間柄になったそうです。

この話に、博多華丸・大吉の博多大吉さんは「それ全部三谷幸喜さんの脚本じゃないですよね?そんなことあるのって、すごい出会いですね」と、目を細めました。

今回の放送に対して、ネット上では「ウィーン・フィルのビオラ奏者である夫との馴れ初め、ザルツブルグでの生活、ドイツ語の勉強方法などお話が聞けて楽しかった。美しく上品で、教養のある方だな。素敵だな」「丁寧に生きてる言葉がピッタリだわ私とは大違いだけどホントに素敵」「中谷美紀さんの佇まいと言葉遣いがとっても綺麗で驚いた!こんな女性になりたいな〜」などのコメントが上がっています。

今回は、三谷幸喜さん演出作品の常連である中谷さんだからこそ、大吉さんの「それ全部三谷幸喜さんの脚本じゃないですよね?」という言葉に共感を覚えた人も多かったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.