「めちゃくちゃすごい発明」ハライチ岩井が大絶賛する漫画とは!?

投稿日:2021/09/10 9:22 更新日:

9月9日、テレビ朝日のYouTubeチャンネル「動画、はじめてみました」では、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気さんと声優の花澤香菜さんが「今こそ絶対に読むべきバトル漫画」5選を紹介。漫画ファンの間で話題になっています。

岩井勇気

(画像:時事)

■「裸のすっごい美少年が出てきて…」花澤香菜が頬を赤らめながら語るバトル漫画とは?

花澤さんが好きなバトル漫画は『鋼の錬金術師』(荒川弘、スクウェア・エニックス)と『シャーマンキング』(武井宏之、集英社)。

特に『シャーマンキング』の登場キャラ「ファウストⅧ世」が大好きだったそう。「白衣着て、ちょっとなんでしょうね、顔色悪いお兄さんなんですよー」と紹介する花澤さん。

岩井さんが「かっこよかったですよね」と同意すると、花澤さんは「かっこよかったー、あの人好きだったなー」と頬を赤らめます。

『鋼の錬金術師』では「ヒューズ」が好きだったという花澤さん。「ヒューズが本当に好きで」と言い、彼の登場する泣けるシーンについて語りました。

最近読んだバトル漫画では『終末のワルキューレ』(梅村真也、フクイタクミ、コアミックス)が面白かったという花澤さん。ストーリーは「人類そろそろ滅亡させたほうがよくない?」という神々の提案のもと、神と人間が1対1のタイマン勝負で戦うというもの。

花澤さんは登場キャラの「アダム」の格好に注目。「裸のすっごい美少年が出てきて…」「葉っぱ1枚股間につけてる男の子…」と照れ笑いします。

そして「(歴史上の人物たちが)神とどういう戦い方をするのか気になってどんどん見ちゃいました。面白かったです、設定がすごい」とおすすめポイントを語りました。

■「めちゃくちゃすごい発明」ハライチ岩井が大絶賛する漫画とは!?

続いて、今度は岩井さんが『ドリフターズ』(平野耕太、少年画報社)を紹介。異世界に召喚されてしまった主人公が敵と戦うバトル漫画です。異世界では、主人公の味方として「織田信長」や「安倍晴明」を召喚し、戦うことができます。

設定を聞き「ワクワクしますね」という花澤さん。そして「『ウイニングイレブン』みたいな感じですね」と、サッカーゲームに例えます。それを聞いて「例えが男ですね」と笑う岩井さん。

続いて岩井さんが挙げたのは『ワンパンマン』(ONE/村田雄介、集英社)。「『ワンパンマン』はめちゃくちゃすごい発明です」と断言します。『ワンパンマン』は、トレーニングの末無敵の強さを手に入れ、どんな相手もワンパン(ワンパンチ)で倒してしまう男「サイタマ」が主人公のバトルギャグ漫画。

「何十話もかけてやってきたのをワンパンで最終的に終わらせるっていう」と岩井さんが紹介すると「面白い!」と興味津々の花澤さん。さらに、岩井さんは「読んでる方も『わ、今回はサイタマやばいんじゃないか…』って思ったりするんですけど、もう関係ない。一切脅かさない」と、『ワンパンマン』の読みどころを紹介しました。

■岩井×花澤の漫画紹介に視聴者「色んな人に見てほしい」

お互いが好きなバトル漫画について語り合った今回の動画。

ネット上では「ワンパンマンは激しいバトルとギャグ、質の良いストーリーが違和感なく合わさっている唯一無二の神作品」「めっちゃワンパンマン大好き!!色んな人に見てほしい!!私の人生の教科書です」「バトル漫画って最高!」との声が上がっています。

紹介された5作品はどれも大人気のバトル漫画。お気に入りの作品が紹介されて喜んだ視聴者も多いのではないでしょうか。

【番組情報】
動画、はじめてみました
https://www.youtube.com/watch?v=XXwM26eDrw4
(文:二木もなか)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.