「もうサバイバルの時代になってきてる」風吹ジュン、コロナ禍に本音語り"不安の共同幻想"避けるよう訴える

投稿日:2021/08/29 13:26 更新日:

8月29日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)では、女優の草刈民代さん、浅丘ルリ子さん、風吹ジュンさんが出演。風吹さんがコロナ禍の現状について本音を明かし話題を集めました。

風吹ジュン

(画像:時事通信フォト)

■草刈民代&浅丘ルリ子&風吹ジュンが鼎談「もうサバイバルの時代になってきてる」

今回の番組では、草刈さんが「今もうこのコロナ禍になって長くなってきましたけれども、どういうことを感じますか?」と話を振るシーンがありました。

浅丘さんは「私ね、例えば私できることって何だろうかなって思って。ちょっと貯金が少したまったりなんかすると働けないで困ってる人、知ってる人にすいませんちょっとだけですけどって言ってあげたりするのが今 一番それやってます」とコメント。

また、草刈さんが「コロナ禍でシングルマザーで生きていかなきゃいけない人たちが働く所も なくなっちゃってとかいうのもよく読みますしね」と話すと、風吹さんは「社会がそういう人たちを守るようにできてませんよね」と相槌を打ちます。

続けて、風吹さんは「みんなが個人の考えがもうちょっと 自立していくってとっても大事で。それから自分の価値観自分で持っていくっていうか。もうサバイバルの時代になってきてるような気がします」と持論を展開しました。

そして、風吹さんは「だから人間って すごく変身していくっていうか、強くたくましく成長していける生き物だから、これからの若者はもっと強くたくましくなっていくだろうなって私はちょっと期待が…。それから自分の意思で色々選んでいく」と若い世代に向けてエールをおくります。

■風吹ジュン、コロナ禍に本音語り"不安の共同幻想"避けるよう訴える

ここで、草刈さんは「前よりもきちっと考えをしっかり持って、意思もはっきりさせていかないとなかなか こういう状態になっちゃうと難しくなっちゃうだろうなと思って」とコメント。

すると、風吹さんは「不安ばかりでは何も進みませんし、でも結果出てみるとあの不安は何だったんだろうってことありますよね。だから私は幻想とまでは言わないですけど…。不安を共同幻想にならないようにやっぱり自分がこうしっかり」とコロナ禍の現状への本音を語りました。

続けて、風吹さんは「自分を心で支える。そういったことをしていけば明るい結果が待ってるような気はしますけどね。それからこうやってお守りみたいなアイテムを持ってみたり、決してネガティブだけではない答えがあるように思います」と心の持ちようが大切だと訴えます。

最後、草刈さんは「ホントにこの中でどうにか乗り越えていくっていうか、何か見いだしていかないとね。どうしようもないですものね」とまとめ、番組はエンディングを迎えました。

今回の放送に対して、ネット上では「風吹ジュン『もうサバイバルの時代』チャーミングさだけでなく、たくましさも兼ね備えてステキ」「柔らかい雰囲気、でもどこか芯の強さを感じられる風吹ジュンさん。自分がこれから歳を重ねることに楽しみを持たせてくださる憧れの女性」「留学、文化祭、スポーツの大会…いろんなことが中止になり、不安と悲観しかない若者達だけど。自分の意思、価値観を持ち自立しながらポジティブに生きていけば今までよりも、強くたくましくなれるという大女優さん達のお話に励まされた」などのコメントが上がっています。

コロナ禍の現状を受けて持論を語った3人。その達観した人生観に触れて、たくましい心を育てたいと感じた人もいたのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.