ハライチ澤部、自宅鑑賞でまさかのアクシデント「フジロックにフジロックを邪魔されて…」

投稿日:2021/08/27 15:59 更新日:

芸人ハライチの2人がパーソナリティを務めるラジオ番組「ハライチのターン!」(TBSラジオほか)。8月26日の放送では、岩井勇気さんと澤部佑さんが日本最大級の野外音楽フェス「FUJI ROCK FESTIVAL'21」(フジロック)の思い出をそれぞれ語り、話題となりました。

澤部佑

(画像:時事)

■澤部、自宅鑑賞でまさかのアクシデント「フジロックにフジロックを邪魔されて…」

いつもはフジロックを現地参戦する澤部さんですが、今年は現状を鑑みてYouTube配信で楽しむことに。

「お金を落としたい」との思いから1日分のチケットを購入し、さらに「毎年(グッズが)出るのよ。Tシャツとかタオルとか。それらを注文しまくってね」と、グッズも注文して万全の態勢でフジロックに臨んだと明かしました。

中でも、澤部さんが今回一番注目していたのは、女性シンガーソングライターのカネコアヤノさん。

どうにか試行錯誤して息子を寝かしつけてステージを堪能しますが、澤部さんが一番好きな曲が始まる直前に「ピンポーン」とチャイムが鳴ってしまったそうです。

澤部さんは「ふざけんなよ…マジで無視しようかと思ったけど、宅配だったの。しかも代引きですって」と当時の状況を説明。さらに財布にお金が無かったため、家を探し回ってようやく支払いを終えると、もう曲が終わってしまったそうです。

そこで、悲劇の原因となった荷物を確認すると、なんと澤部さん宛ての荷物だったとのこと。澤部さんは「『フジロックの邪魔しやがって!』と思って開けたら、フジロックのグッズね。フジロックにフジロックを邪魔されて」と結末を明かし、周囲は笑いに包まれました。

■岩井もフジロックのエピソードを語る「サンボマスターの歌詞ってすごい」

澤部さんのエピソードを聞き、岩井さんも「サンボマスターだけ見たんですよ」と告白。当時テンションが上がった岩井さんは、サンボマスターの楽曲「できっこないを やらなくちゃ」の歌詞である「あきらめないでどんな時も 君なら出来るんだどんなことも」と自身のTwitterで呟いたそうです。

すると「暗い世の中で、岩井さんの言葉に救われました」というリプライがあったそうで、岩井さんは「違う違う!ってなったけど。俺の言葉みたいになっちゃってるってなったんだけど、サンボマスターの歌詞ってすごいんだな~って、その時思った」と笑いながらコメント。

「勘違いされてるけど、これは言わないでおこう」という岩井さんに、澤部さんが「ダメだよ!それは言いなさいよ、ちゃんと」とツッコミを入れ、周囲を笑わせました。

ネット上では、番組を聞いたリスナーから「フジロックのお話オチまで完璧でおもしろかったな」「フジロックにフジロック邪魔される笑」「サンボマスターの歌詞をつぶやいて人を救う岩井さんw」などの声が上がりました。

毎年恒例となっている澤部さんのフジロック参戦エピソード。今回もオチが最高でしたね。岩井さんのエピソードにも大笑いしてしまったリスナーも多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
ハライチのターン!
https://radiko.jp/#!/ts/TBS/20210827000000

(文:藤峰あき/編:おとなカワイイwebマガジンCOCONUTS編集部)

関連キーワードから記事を見る
,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.