オードリー若林、南原清隆をラジオで"Amazon"と呼んでいた!?「そしたら南原さんがある日…」

投稿日:2021/08/19 13:54 更新日:

お笑いコンビ・オードリーの若林正恭さんと春日俊彰さんがMCを務める『あちこちオードリー』(テレビ東京系)。8月18日の放送では、オードリーとキャイーンが、ウッチャンナンチャンについて語る場面がありました。

若林正恭

(画像:時事)

■天野「この人たちのためだったら…」ウッチャンナンチャンは特別な存在…!?

今回はゲストとして、お笑いコンビ・キャイーンのウド鈴木さんと天野ひろゆきさん、坂下千里子さんが登場しました。

番組では、キャイーンとオードリーが関わりの深いウッチャンナンチャンの話題へ。

若林さんが、「若い時のウンナンさんって今と感じ違うんですか?」と質問すると、天野さんは「全然変わらないのよ、優しいし…」と、昔からずっと自然体で気取らなかったことを明かします。

続けて、「この人たちのためだったら、思いついたことでもいいから、何でもやろうっていう前向きな感じに…拾ってくれるし、なんかしてくれる」とコメント。

安心、信頼、尊敬の対象であるからこそ、前向きにのびのびと振る舞うことができるようです。

そして「内村さんは師匠って感じで」「お笑い芸事で『こうしなさい』って言われたことないわけ。背中で教えてくれる、みたいな…未だに冷めた弁当も『いただきます』って…空海みたいな感じ」と言って、内村光良さんにはお坊さんのような空気感があると語りました。

■若林、南原をラジオで"Amazon"と呼んでいた!?「そしたら南原さんがある日…」

一方、天野さんは「南原さんは兄貴って呼んでる」と明かし、「色々興味があって、電波があって、色んなことを話してくれる」兄貴のような存在であるそう。

そんな中、「『常に止まったらダメだ』『常にアンテナはやしとけ』って…」と南原さんから常々言われていたアドバイスを明かします。

「そしたらアンテナはやし過ぎて、『ウリナリ』(=『ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』1996〜2002年/日本テレビ系)でインド映画やるって言い始めてさ、アンテナが受信するところがおかしくなっちゃったのかな?」と、南原さんイジりがスタート。

そこから天野さんの暴走は止まらず、南原さんの言動をイジりまくる事態に。

すると、『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で南原さんと共演し、本の貸し借りで徐々に距離が縮まっていった若林さんも、「読みたかった漫画を全部買って来てくれて、届けてくれるんですよ」と南原さんとのエピソードを語り出し、「ラジオで南原さんのことを"Amazon"って呼んでて…」「『Amazonみたいだ』って言ってたんですよ」とイジり始めます。

そして、「だから新刊出ると買うか迷うんですよ、南原さんがAmazonで届けてくれる可能性があるから、買おうかなって…その話を(ラジオで)してて、そしたら南原さんがある日楽屋に"コンコン"って来て『Amazonでーす』って入って来て」と回想。

南原さんの茶目っ気溢れる可愛らしい一面や、ウッチャンナンチャンが後輩に愛されていることが視聴者に伝わる場面となりました。

■キャイーン&オードリーが語ったウッチャンナンチャンのエピソードを聞いて、視聴者からは「改めてウンナンさんって理想的な先輩」の声

今回の放送について、ネット上では「キャイ~ンとウンナンの関係性が好き」「ナンチャンいじりの件めちゃくちゃ笑ったw一人ずつでも良いからウッチャンナンチャン呼んで欲しい…」「南原さんのトークめっちゃ面白かった」「改めてウンナンさんって理想的な先輩よね」といった声が上がっていました。

天野さんと若林さんの南原さんに対する愛あるイジりに、笑ってしまった方が多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
あちこちオードリー
https://tver.jp/corner/f0081353

(文:ジョブリナ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.