ピカチュウの声がまさかの“おっさん”?!実写映画「名探偵ピカチュウ」予告編解禁が話題♡

更新日:

全米で2019年5月10日に公開予定の映画「名探偵ピカチュウ」の予告編映像が解禁。あの「ポケットモンスター」が初めて実写映画になるということもあり、注目された本作ですが、ピカチュウの声がまさかの“おっさん”なことに対して、違和感を感じる人が続出しています。

実写映画「名探偵ピカチュウ」の予告編が解禁

日本ではまだ具体的な公開日は決まっていませんが、全米で2019年5月10日公開予定の映画「名探偵ピカチュウ」の予告編の映像が解禁になりました。気になる映画のストーリーは、行方不明となった父ハリーを探すティム・グッドマン(ジャスティス・スミス)と、コンビを組むことになったピカチュウの奮闘を描くというもの。日本からは渡辺謙さんが、ハリーの知人・ヨシダ役で出演しています。映像見て印象的なのは、ピカチュウが思いのほか、モフモフしていること。

モフモフしているピカチュウには可愛いという声も上がっていますが、アニメやゲームで見るツルツルした皮膚の質感とは印象とは違うという意見もあります。また、ピカチュウ以外にもプリン、フシギバナ、バリヤード、ヒトカゲ、リザードン、ヤドン、コダックといったおなじみのポケモン達も登場しているので、非常に楽しみな作品になりそうです。

ピカチュウの声がおっさんな事に対して違和感を感じる人が続出!

View this post on Instagram

Still exploring the tiny glasses trend. Got these at Sunglass Hut for 19,000 dollars.

Ryan Reynoldsさん(@vancityreynolds)がシェアした投稿 -

今回の実写版「名探偵ピカチュウ」でピカチュウの声を務めるのは、“俺ちゃん”の1人称でもおなじみの「デッドプール」などの作品で知られるライアン・レイノルズさん。公開された予告編でも、最初はいつもの大谷育江さんボイスで「ピカピカ!」と愛嬌をふりまくピカチュウ。けれども、ティムとの会話が始まると、ライアン・レイノルズさんの野太い声になってしまい、ピカチュウなのに声がおっさんな事に違和感を感じる人が続出。ピカチュウの声の人選はこれで良かったのかと、賛否両論を呼ぶ事になりました。

「名探偵ピカチュウ」予告編へのネットの反応

ネット上には「おっさん声で喋るの違和感がやばい」「ピカチュウがデッドプールにしか聞こえねえ」「声優2人使い分けるとか豪華すぎる」などの意見が予告映像を見た人から寄せられています。違和感あることは間違いないけど、「ピカピカ!」だけは大谷さんの声になるところや、ピカチュウが思いっきり、「デッドプール」に聞こえてしまうところが面白いと感じる人もいるようですね。

補足すると今回実写映画化されたのは、ゲーム「名探偵ピカチュウ ~新コンビ誕生~」を基にした作品。このゲームでは元からピカチュウの声がおっさんなので、実はピカチュウの声がライアン・レイノルズさんでも違和感なし。むしろゲームの世界観をうまく再現していると評価する声も上がっています。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.