“ダサイ絡み方をするな”ぱいぱいでか美を救ったKEYTALK首藤義勝が話題!「有吉反省会」

更新日:

5月18日放送の「有吉反省会」に4人組ロックバンド・KEYTALKが「反省人」として登場。首藤義勝(ボーカル&ベース)さんの周囲をドン引きさせるという趣味が話題になりました。

「利きえんぴつ」が趣味なKEYTALK・首藤義勝

「特技が利きえんぴつなことを反省しにきた」のは、4人組ロックバンド・KEYTALKのボーカル兼ベースの首藤義勝さん。「利きえんぴつ」という耳慣れない言葉ですが、首藤さんは「えんぴつの芯の硬さを当てることができる」のだとか。

首藤さんは用意されたえんぴつを舌で舐めることで、H、B、Fといったえんぴつの表示をいい当たれるようです。ちなみに、えんぴつのHはHARD(ハード/かたい)、BはBLACK(ブラック/黒い)、FはFIRM(ファーム/しっかりした)の略称のこと。ちなみに、首藤さんによるとFのえんぴつが一番味が良いとのこと。

実際に1分間えんぴつを舐めながら「利きえんぴつ」する様子をVTRで紹介。なかなかマニアックな特技なので、マネージャーからロックバンドなんでもっとかっこいい特技を見つけて欲しいとダメ出しされているようです。

「利きえんぴつ」の魅力を力説する首藤義勝

有吉弘行さんの前に現れた首藤さんは、元からいろんなものを舐めるのが好きだったようで、その中でも、特に好んで舐めていたのがえんぴつ。「木の味」がテイスト的に好みだったこと、「舌に触れる感覚の気持ち良さ」について力説しました。

この流れで、メーカーの北星鉛筆に番組が「利きえんぴつ」にいて質問すると、「鉛筆には人体に害を及ぼす成分は含まれていないので舐めても人体に影響はないが、ものを書くための道具なので舐めるのはやめてください」というコメントが寄せられます。また、メンバーからも「ライブでやると(舐めてる時の顔の気持ちも悪さもあって)お客さんがひく」との指摘が。

ぱいぱいでか美を口説いた首藤義勝

番組レギュラーのぱいぱいでか美さんは、首藤さんと面識があるそうで、DJイベントで悪酔いしたお客さんに絡まれていたぱいぱいさんを「ダサイ絡み方をするな!」と助けれくれたことがあるそうです。

ここまでならかっこいいのですが、そのあと、一緒に飲むことになり、そこで首藤さんはぱいぱいさんに「本当におっきいの?」と誘いかけ、口説かれたことをカミングアウト。ぱいぱいさんからは「えんぴつも女のことも舐めてる」という厳しいコメントがありました。

ぱいぱいでか美を口説いたエピソードに反響

ネットでは、放送を見た人からは、「ぱいぱいでか美助けた首藤さんかっこよすぎてその後のことかすんじゃう普通にかっこよくない?」「ぱいぱいでか美を口説いたKEYTALK首藤w」などの声があがっていました。他にも、博多華丸・大吉の大吉さんは、ぱいぱいさんのことを「好き」と公言していることをよく知っている視聴者からは「大吉さんのぱいぱいでか美口説いた首藤氏許せないですね」という意見もあがっていました。

口説いた話はともかく、普通に酔っ払い撃退したエピソードはかっこいいと感じた人は多かったようですね。番組は見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみて下さいね。
見逃し放送:GYAO!「有吉反省会」
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.