スピードワゴン小沢、ワイドナで3つの名言「何を喋らないかが品性」…"胸に刺さる"と話題に

更新日:

10月13日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)にスピードワゴン・小沢一敬さんがゲストで出演し、番組で取り上げた内容についてのコメントが"心に刺さる"と話題になっています。


(画像:時事通信フォト)

名言①「子供が泣いているところで平気な自分でいたい」

番組の司会である東野幸治さんがゲストの安藤優子さんとヒロミさんを紹介した後で「小沢さん、お久しぶりです、このようなゲストのラインナップですけども小沢さんいかがですか?」と問いかけます。

「ワイドナショー四天王が揃ったという感じでね、始めましょうか!」と小沢さんが挨拶すると、スタジオは一瞬で静まり返ります。「正式にすべったな!」と松本人志さんがツッコみを入れ、番組はスタート。

番組は日本航空が3歳未満の子供の座席に『幼児マーク』を表示し、世界からさまざまな反応が起きているという話題を取り上げました。

その話題に関して、東野さんが真っ先に小沢さんにコメントを求めます。

すると小沢さんが「僕は正直いうと子供に対してなんとも思わないし、泣いてもいいよっていうか、僕の好きな言葉があって、『子供叱るな来た道だ老人笑うな行く道だ』ってのがあるんですよ、それよりいびきうるさい同世代の奴とか加齢臭の酷い同世代の奴の席を教えてほしい」と『幼児マーク』より同世代の加齢臭マークを要求。

すかさず松本さんが「誰がわざわざ選んで隣座んねん!」とツッコミを入れました。

東野さんが「小沢さんは泣く赤ちゃんが隣にいても気にならない?」と再度確認すると「カッコつけていうと、子供が泣いているところで平気な自分でいたいと思ってる、おしゃれに返せれたらいいな」とコメント。

この小沢さんの発言にネットでは「スピードワゴンの小沢がめっちゃいいこと言ってる、心に置いておこう」「これは名言です」「小沢さんが良いこと言ってて響きまくり」など、小沢さんの言葉に共感する声が多く見られました。

名言②「何を喋れるかが知性で、何を喋らないかが品性」ネットで大反響!

次は人身事故をスマホで撮影するなど、現代のモラル問題についての話題に。

撮影している方たちは悪気なくやっているという事に小沢さんは「何を喋れるかが知性で、何を喋らないかが品性だと思う」とコメントし、ゲストの安藤さんも「なるほど~深いですね」と小沢さんに共感。

このコメントを聞いた松本さんが「すっごいいいこと言うてんのに前で笑い声聞こえてきたで~」とオチを付け笑いに変えました。

一方ネットでは「良い言葉!肝に銘じます!」「小沢さんが言っていた言葉に共感」「彼のオリジナルかは知らないけど、本当にその通りと思った」など多くのコメントが寄せられ大反響の言葉となりました。

名言③「想像している時間が恋」、3度目の名言決め"胸に刺さる"と話題に

最後に『ゼンリー』という、承認した者同士が現在地を把握できるアプリについての話題に。

利用の多い女子高校生は「友達との待ち合わせに便利、彼氏の浮気チェックができる」などアプリを有効的に使用しているそう。

スタジオでは高校生の白本彩奈さんにアプリの利用状況について詳しく伺います。

安藤さんから「彼氏が今どこにいて何をやってるかなんて全部知りたいですか?」と質問されると、白本さんは少し困った様子。そんな白本さんに小沢さんが「想像している時間を恋っていうんだよ」と言って、本日3度目の名言を決めました。

番組で名言を残した小沢さんについてネットでは「小沢さん素敵過ぎます」「小沢さんの発言が笑われないで、受け止められるような世の中になると良いなぁ」「小沢さんの言葉が胸に刺さる」など、小沢さんを絶賛する声で溢れました。

今回の放送では、3つの名言がネットで話題になりましたが、これを機に小沢さんの見方が変わったという方も多かったのではないでしょうか。「ワイドナショー」に小沢さんがまた出演してくれることに期待したいですね。

(文:ししまる)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.