大ヒットドラマ「おっさんずラブ」映画化にファン“複雑”な思い?「やっとくっついた2人が…」

更新日:

今年の春に放送され高視聴率を記録し、大ヒット作品となった「おっさんずラブ」が2019年の夏に映画化されることが発表され話題になっています。

田中圭さんと吉田鋼太郎さん、林遣都さんを中心におっさんたちが繰り広げるラブコメディーが描かれています。ドラマ終了後には「おっさんずラブ」という言葉が新語・流行語大賞にノミネートされるほど大ヒットしたドラマです。来夏公開の映画は、ドラマのその後が描かれる予定で、その後の春田と牧の関係が描かれていくようです。田中圭さんは「お会いする人に続編はないですと答えていたのですが、すみません。ありました」とコメントし、喜びの声をあげていました。

大人気ドラマの映画化に“複雑な心境”の声も

大人気ドラマが映画化されることで視聴者からは喜びの声が続々とネット上にあがっていました。「平成最後の最強ラブストーリー」の奇跡の映画化とあって、視聴者の期待を膨らましています。視聴者からは、「映画化おめでとう」、「早く見たい、はるたんが帰ってくる!」など喜びの声があり、「おっさんずラブ」が帰ってくることにとても歓喜しているようですが、一方で映画化されることに不安の声を漏らす視聴者もいるようです。

喜んでいる視聴者の方がたくさんいる中、一方では不安の声を漏らしている視聴者の方もいました。一部の視聴者の間では、「あのままの素敵な終わり方でよかった」、「わかりやすいライバルが出現してどうせぎくしゃくした関係になるんだから、もうハラハラしたくない」等の声があがっています。確かに、続編という点から新たな登場人物が出てくることが予想されますが、やっとくっついた2人がまたギクシャクしてしまうのが嫌だという視聴者が多いようです。様々な困難を乗り越えてやっと恋人同士になったのですから、そのように声を上げている人たちの気持ちもわかります。

ドラマに引き続き映画でも大ヒットを記録なるか?!

様々な声があるのもそれだけ本作が愛されているということですね。ドラマと同じく大ヒットを記録することができるのでしょうか?田中さんは各メディアの取材で「連ドラを超える」としてドラマの集大成を作り上げる覚悟を示していました。そんな意気込みの中撮影された映画なので、とても期待できますね!恋人同士になった2人がどのような困難を乗り越えていくのか、今からもう楽しみです!

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.