大泉洋「安田顕さん酔っ払ってね…」さだまさしの名曲『案山子』の思い出に「泣いた」の声

投稿日:2021/05/07 14:25 更新日:

5月6日放送の「SONGS」(NHK総合)では、さだまさしさんがゲストとして登場。大泉洋さんがさださんの名曲「案山子」にまつわる思い出を明かし話題を集めました。

(画像:時事)

■さだまさしの名曲「案山子」にリクエスト

今回のゲストはシンガーソングライターのさだまさしさん。視聴者からさださんの名曲「案山子」のリクエストがかかると、番組責任者の大泉洋さんは「私が大学時代にTEAM NACSという劇団やってますけども…。5人で旅をしたんです」とこの曲についての思い出を語り始めます。

続けて、大泉さんは「うちの安田顕さんってねメンバーいるわけですけど、安田顕さんのね実家に遊びに行ったんですよ」と北海道室蘭市にある安田さんの実家に行ったことを明かしました。

■大泉洋「安田顕さん酔っ払ってね…」さだまさしの名曲『案山子』の思い出を語る

大泉さんは「そこでだからご両親にお会いして、そこであのみんなで夜お酒を飲んで。そしたらですね、僕たちは楽しく飲んでたんだけど、ご実家だったのもあって当の安田顕さん酔っ払ってね、寝ちゃったんですよ」と安田さんの実家に訪れた時の思い出を振り返ります。

また、大泉さんによると、安田さんのお父さんは「とっても元気で明るい方でまだまだ元気」なのだそうで「うわ〜って言って盛り上がってて『あらもう顕ちゃん寝ちゃったかわいそうにねえ』って。その時にね何回も何回も『元気でいるかー』『友達出来たかー』って言うんですよ」と安田さんの父親が息子に呼びかけていたとのこと。

大泉さんは「元気でいるかー」「友達出来たかー」を何度も繰り返す安田さんの父親の姿を見て最初は不思議に思ったそうですが「何で同じ台詞ばっかり言うんだろうと思ったら…。『案山子』だったんです」と安田さんの父親は「案山子」の歌詞を口ずさんでいたことに気がついたそうです。

続けて、大泉さんが「かわいそうだ寝かしとけ、寝かしとけって言うんだけど。そのお父さんがずっと耳元で『元気でいるかー』って言ったら最後起きちゃったんですけど」と話すと、さださんは「いいお父さんじゃないですか」とコメント。

また、大泉さんは「そうかあれはお父さんが大学、室蘭にいた子供がもう札幌に出てっちゃった息子に久々に歌いかけてた『案山子』の歌だったんだと私は思って。だからちょっとね私にとってもね、懐かしい歌なんです『案山子』は大学時代のちょっとした思い出なんです」と忘れられない思い出になったことをさださん本人に伝えました。

■大泉洋の思い出話に「泣いた」の声

今回の放送について、ネット上では「案山子は泣くよ」「案山子聞いたら安田さんのお父さん思い出しそう」「やべぇ大泉さんじゃなくてワタシが泣いた」などのコメントが上がっています。

泥酔した息子に向かって「案山子」の歌詞を口ずさんでいたという安田さんのお父さん。その光景を想像すると、親子の絆が感じられて涙腺が緩んだ人も多かったようです。

(文:かんだがわのぞみ)

\ この記事をシェアする /

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2023 All Rights Reserved.