V6・岡田准一「しゃべくり007」出演で別メンバーがトレンド入りした理由とは?"V6平和すぎ"と話題

更新日:

毎週月曜放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)。6月10日の放送では、映画『ザ・ファブル』(6月21日公開)で主演を務めるV6・岡田准一さんと共演者の安田顕さんがゲストで登場し、岡田さんが披露したメンバーのモノマネが話題となっています。

目ヂカラが強い俳優・岡田と口元がだらしない俳優・安田

「目ヂカラが強い俳優」「口元がだらしない俳優」としてそれぞれ紹介された2人。「岡田くんがグーッと睨めば金庫とか開きそうじゃない?」という上田晋也さんに「それは超能力者ですから(笑)」と岡田さんは笑って返します。

一方、安田さんは「口元だらしないんですか?」という質問に「最近食べたものが全部出る(笑)」と語り、本当に笑った時、口が斜めに曲がってしまうのだそう。それはドラマ等では使ってもらえないからと綺麗な笑顔を作る安田さんに「初めて見ましたよ笑顔が放送禁止の人!」と上田さんがツッコんで笑いを誘いました。

共演経験をうっかり忘れる?

また、2人の共演経験を尋ねられた岡田さんは、確かめるように安田さんを見つめつつ「初めてです」と答えるのですが、安田さんに「あれあれ、『追憶』(岡田さん主演の映画)」と言われ「あっ!2回目です」と自分で笑ってしまいます。

安田さんは、「うわぁ~」とショックを受け、「完全に忘れてんじゃん!」とツッコむ上田さんに「しかも(演じたのは)主人公の刑事の同僚ですよ。エンディングでも電話で話し合ってるんです」と説明。岡田さんはハハハと安田さんの"口元がひん曲がった笑顔"を真似して笑いを誘い、上田さんに「その笑い方でごまかすな!」とツッコまれたのでした。

岡田准一が長野博のモノマネを披露

また、岡田さんは、モノマネの持ちネタに「骨折した時の長野博」があると明かし、そのもう1個先に、「"台宙"(台の上からの宙返り)を失敗した時の長野博」というテレビ初出しのネタもあるそうで、両方披露することに。

まずは「23年前バク転を練習して骨折した長野博」を『TAKE ME HIGHER』の後奏を歌いながらやってみせ、スタジオは爆笑。リハーサル中、手をついた時に折れたのだとか。

今はファンの間でも有名なこのモノマネ、初披露の際は「長野くんに怒られるかな」と思ったそうですが、岡田さん曰く仏のように優しい長野さんは「(左右)逆手だよ」と言っただけで、「優しい~!」と感じたそうです。

そして「10年後、コンサートリハの台宙で失敗した長野博」として同じ曲を歌い、着地の時に正座になって"仏のポーズ"をしたモノマネを披露すると、名倉潤さんは「バカにしてるやろ」とツッコみます。メンバーが向かい合って台宙する演出で、飛んだら長野くんが正座してたと説明する岡田さん。「ひざ大丈夫か!?」と心配するメンバーに「大丈夫だよ」と"OKポーズ"をしたそうで、それが仏のポーズに見えたのだとか。

「長野くん」がまさかのトレンド入り?"平和すぎる"と話題に

この2段階のモノマネがツイッターでも話題となり、岡田さんではなくまさかの「長野くん」がトレンド入りすることに。ファンからは「出てない長野くんがトレンド入りは笑うwww」「公共の電波でファンしか分からないようなモノマネをする岡田くん、長野くん好きすぎでしょww」「准くんバラエティ出るたびに長野くんの仏エピ広げてない?(笑)」「V6平和すぎる」と爆笑の様子でした。

岡田さんの無邪気な姿がたっぷり見られた今回の放送。新ネタを見事にモノにし、大反響だったようですね。(文:アイドル担当ライター ゆず)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.