おいでやす小田、『M-1』の審査を疑っていた!?「予選だけは出よう」発言に太田光「どこまで偉くなってんだよ!」

投稿日:2021/06/17 14:26 更新日:

6月16日放送の「お願い!ランキング」(テレビ朝日)内の「太田伯山ウイカの『はなつまみ』」では、おいでやすこが・おいでやす小田さん、こがけんさんがゲストとして登場。2人は、昨年準優勝した「M-1グランプリ」について語り、話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■おいでやすこがが「はなつまみ」に登場

今回のゲストは、それぞれピン芸人として活動している、小田さんとこがさんによるお笑いユニット・おいでやすこが。

昨年開催された「M-1グランプリ2020」では、惜しくも優勝は逃すも、準優勝したことが話題を集めました。

そんな2人に爆笑問題・太田光さんは、「また『M-1』出んの?」と質問。

こがさんは、「一応、お世話になったっていう意味では、もう1回ちょっと出ようかなと」とまた「M-1」に出場する意向であることを明かします。

続けて、太田さんは「2回目は最初よりキツイよな」と話すと、この発言に呼応した講談師の神田伯山さんは、「でももうこれですよ、やりようないですよね。あれで決勝位って2位いって、どこ狙っても…」とコメント。

すると太田さんは、「優勝でしょ!! 優勝したらすごい!」とやはり優勝が目標と力説。

一方で、伯山さんは「優勝は意地でもさせないんじゃないですか、即席だから。ピン芸人の人たちだから、そこで優勝させちゃうっていうのは」と持論を展開します。

そんな伯山さんに太田さんは、「圧倒的にウケたら優勝」と力説しました。

■小田、『M-1』の審査を疑っていた!?「予選だけは出よう」発言に太田「どこまで偉くなってんだよ!」

「M-1」の話で盛り上がったタイミングで、小田さんは「僕らは出る前は、(伯山さんの言うように、)あるなと思ってたんです、それ。ただ、出てみたらホンマにちょっと優勝しかけたんで僕ら」と、当事者として本心を打ち明けます。

「ホンマにガチでなんですよあれ!」と、「M-1」の審査はガチであると力説。

こがさんも、「自分たちをもって『M-1』がガチなんだなってことが、すごいわかったみたいな」と相槌を打ちます。

すると、伯山さんは「逆に言えば疑ってた?」とツッコミを入れ笑いを誘うことに。

一方で、小田さんは「決勝行けると思ってないんすけど、恩返しで予選だけは出ようかなっていうぐらいの」と「M-1」に参加した理由を明かします。

すると、太田さんは「何が恩返しだバカヤロー! どこまで偉くなってんだよ! もうちょっと上になってから言う台詞だよ、『恩返しで帰って来ました』っていうのは」と指摘。

さらに太田さんが小田さんの話を遮りツッコミを入れまくると、小田さんは「喋ってるから、俺!」と絶叫。

見たかった小田さんの姿を見た太田さんは、満足そうに両手を叩き笑っていました。

今回の放送にはネット上で、「おいでやすこがさん回良かった」「おいでやすこがの良さをギュッとした感じの回で面白かった」「めちゃくちゃ笑ったおもしろすぎww太田さん×おいこがずっと見てたいww」などのコメントが上がっています。

小田さんの「M-1」で優勝してみて初めて審査がガチだとわかったというエピソードが面白いですね。

【番組情報】
太田伯山ウイカの「はなつまみ」(お願い!ランキング)
https://tver.jp/corner/f0076670

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.