人気YouTuberカジサックと梶原裕太は別人格!?ミキ「僕らにも敬語」意外な素顔が明らかに…!

更新日:

4月1日放送の「お願い!ランキング」(テレビ朝日系)の「太田伯山 〜悩みに答えない毒舌相談室〜」に、お笑いコンビ・ミキが登場。「『可愛さ』って芸人にとって邪魔じゃないですか?」という亜生さんの悩みに答える、爆笑問題・太田光さんと神田伯山さんの姿が話題を集めました。


(画像:時事通信フォト)

■亜生が兼近との違いを語る

亜生さんは、「『可愛さ』って芸人にとって邪魔じゃないですか?」と悩みを打ち明けます。

すると、爆笑問題・田中裕二さんは、人気絶頂のEXITの2人は、もっとすごい歓声を浴びていると指摘した上で、「兼近(大樹)とはそういう話すんの?」と質問。

この言葉を聞いた亜生さんは、「兼近は、キャラでなんかそれを風に変えりよんすよ、自分の。飛びよりんすよ、また。僕はなんか……飛べない……」と、歓声を自分の力に変える兼近さんとの違いを解説。

また、"お笑い第七世代"を代表するEXITの話題が出たところで、亜生さんは「すごい都合の良い第七世代」と、"お笑い第七世代"をメインにした番組に呼ばれる時とそうでない時があると自虐しました。

■人気YouTuberカジサックと梶原は別人格!?ミキ「僕らにも敬語」意外な素顔が明らかに…!

亜生さんの悩みを聞いた神田さんは、キングコングの梶原裕太さんが、YouTuberのカジサックとして活動している時は、子供が見るのでタバコを吸わないなどキャラを使い分けているという話を紹介。

この話を聞いた昴生さんは、「梶原さんの時とカジサックさんとの時でホンマに別人格で、カジサックさん時は僕らに敬語なんですよ」とコメント。

この話を聞いた太田さんと伯山さんから、驚きの声が。

カジサックさんは、昴生さんだけでなく亜生さんにも敬語を使っていたとのこと。

そこで、伯山さんは「可愛い」と「正統派漫才」を使い分けてはどうかと亜生さんに提案します。

しかし、漫才に人生を賭ける昴生さんは、「でも漫才にはあんま響いて欲しくないな」と話すと、亜生さんは「漫才大好き人間なので……。可愛いは可愛いで欲しいけど、漫才には侵食してくんなよっていう」と兄の心情を代弁。

■ミキの漫才を伯山が絶賛するも…?

また、ミキのしゃべくり漫才について、伯山さんは絶賛。

ところが、自分のマネージャーは嫌いだと話していたと毒を吐くと、すぐさまミキの2人、とりわけ、昴生さんは「どこや、出てこい!」とガチギレ。

一方で、普段は昴生さんをアジャ・コングさんやWHOのテドロス・アダノ事務局長に似ているとイジりまくっている太田さんも、「間がいいよな!」と、昴生さんのツッコミを絶賛しました。

ミキの2人が出た番組にはネット上で、「太田伯山めちゃくちゃ笑ったミキ頑張れ」「今、太田伯山にミキがゲストでEXITの話ちょっと出てニヤニヤ」「可愛いって言われるをひたすら訴える亜生さん笑笑 揺るがない事実!」などのコメントが上がっています。

亜生さんが、「漫才大好き人間なので」と昴生さんの信念をわかりやすい言葉で代弁するところにミキの兄弟愛を感じられたのではないでしょうか。

また、"カジサック"としては駆け出しYouTuberだからか、芸歴が長いミキの2人に敬語を使うという梶原さんに、YouTubeに賭ける覚悟を感じた方も多かったのではないでしょうか。

【番組情報】
太田伯山(お願い!ランキング)
https://tver.jp/corner/f0049033

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.