小栗旬『俺がクッションを抱くのか?』"花男"の花沢類役への葛藤を語る! #ボクらの時代

更新日:

9月22日放送の「ボクらの時代」(フジテレビ系)には、ゲストとして小栗旬さん、沢尻エリカさん、蜷川実花さんが出演。小栗さんは、あの人気ドラマに出演する際に実は葛藤を感じていたと明かしました。


(画像:時事)

小栗旬がスタッフの名前を覚える理由とは?

映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」で監督を務めた蜷川実花さん。役者として仕事を共にした、小栗旬さん、沢尻エリカさんの3人をゲストに招いたこの日の放送。

小栗さんが「すげぇ素敵」だと語ったのが、"母親のお弁当を控え室で食べる沢尻さん"の姿。沢尻さんは「ママもこの世界に憧れのようなものがあり、この世界に入る時も後押ししてくれて、感謝しかない」とコメント。

沢尻さんの母親の話が出ましたが、小栗さんの父親というとオペラ作品など舞台監督として知られる父・小栗哲家さん。「舞台に興味を持ったのは父親の影響」と語る小栗さん。

小栗さんは「スタッフも同じ人間だから名前を覚えなさい」という教えを守り「だから俺はちゃんと覚える」とコメント。同じ作品を一緒に作る仲間としてスタッフへの気遣いに小栗さんの人柄がにじみ出ていますね。

ちなみに、小栗さんよりも先にスタッフの名前を覚えていたのは香川照之さんで、「ムカつく」と小栗さんはユーモアを交えて当時を回顧することに。

小栗旬『俺がクッションを抱くのか?』"花男"の花沢類役への葛藤を語る

現場で蜷川さんが印象的だったと話すのが、「自分たちは芝居は上手いわけではないけど、お芝居するのは好きなんだよね」という小栗さんと沢尻さんの会話。

沢尻さんは、「好きっていう原動力は、何にも変えられないものだから、これは自分は誇れること」と演技への情熱について語ります。続けて、沢尻さんは「手を抜いているわけではない」と前置きしたうえで、「この業界にいると必ずしも自分がやりたくないと思った仕事もやらないといけないことがある」と仕事に対する葛藤を明かします。

すると、小栗さんは「やりたい仕事だけをチョイスしてたら今の俺じゃないのよ」と過去を語ります。

当時の小栗さんには"本当に嫌だな"と思った仕事があったそうですが、女性マネージャさんは「小栗さんの俳優としての人生変わると思います」とその仕事を猛プッシュ。その言葉を受けて演じることになったのが、あの『花より男子』の花沢類。

最初は「俺がクッションを抱くのか…」などの葛藤を覚えたそうですが、結果として「俺の人生は変わった」と、作品に出たことでステップアップできた語る小栗さん。

小栗旬の役者としての葛藤に反響

放送を見た人からは小栗さんに、「小栗旬が花沢類やりたくなかったって話、すすめてくれたマネージャーさんありがとうって全わたしが言ってる!」「花沢類やりたくなかったんだ。小栗旬クッション抱く役って」。「小栗旬くんに花沢類を勧めたマネージャーさん有能…」などのコメントがあがっています。

嫌な仕事はというのは誰にでもありますが、他の人から勧められて成功したという小栗さんのエピソード。女性マネージャーだからこそわかる小栗さんの魅力と役柄が一致したのでしょうね。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.