Official髭男dism・藤原聡「共に人生を生き抜く同志たちに見えて」ファンへの感謝を語る!

更新日:

8月22日放送の「SONGS」(NHK総合)では、Official髭男dismが登場。ボーカル・ピアノを務める藤原聡さんが歌詞を書く上でのこだわりを明かし話題を集めました。

■Official髭男dismと亀田誠治が対談

今回の番組では、Official髭男dism(愛称:ヒゲダン)のメンバーと音楽プロデューサーの亀田誠治さんの対談が実現しました。

そして、開口一番、亀田さんは、今年の初めにOfficial髭男dismのコンサートを鑑賞したことを報告。

亀田さんは「そん時に、僕が感じたのはヒゲダンの音楽っていうのが、やっぱり、日本中で愛されていて、言うてみれば、50代の僕も大好きな音楽だし、20代の人達も大好きだし…。あとは、中学生、小学生も好きな子たちがいっぱいて、なんかヒゲダンの登場によって、J-POPがなだらかに世代が繋がったなって感じがしたんです」と老若男女問わず多くの人を魅了するヒゲダンの音楽を絶賛します。

続けて、Official髭男dismの曲は、カラオケでもみんなが歌っていることを伝えると、ボーカル・ピアノの藤原聡さんは、カラオケに行った時に隣の部屋から自分たちの曲が聴こえきて驚いたことを明かします。

ちなみに、この時、藤原さんは自分の曲ではなく、Mr.Childrenの曲を歌っていたとのこと。

■「共に人生を生き抜く同志たちに見えて」藤原聡がファンに感謝を語る!

番組では、Official髭男dismの魅力を語る動画を募集していて、その中で、多く寄せられたのが歌詞に共感できるというメッセージでした。

すると、作詞・作曲を担当する藤原さんは「歌詞が寄り添ってくれてるっていう風に受け取ってくださっていることが凄く嬉しいなというのは凄く思います」と素直に喜びを語ります。

また「歌詞ってやっぱり内なる感情とかが凄く出てくるので、もちろん、実体験かそうでないかということよりも、自分の価値観で言葉を作っている部分が凄くあるんですけど」と語る藤原さん。

続けて「例えば、自分らしく生きていくということ、凄く僕自身にとってはかなりコンプレックスというか、僕自身が自分らしく生きていけてる自信が基本的になくて…。でも、自分らしく生きていった先の未来が欲しいっていう思いで結構その言葉を作っているところがあるので」とコメント。

そのことを踏まえ、藤原さんは「共に人生を生き抜く同志たちに見えて、さっきのみんなの動画が、それがなんか嬉しかったし、本当に良かったなと思ってて」と、動画でメッセージを送ってくれたファンに感謝の言葉を伝えました。

■Official髭男dism×亀田誠治のトークに反響

今回の放送について、ネット上では「『共に人生を生き抜く同志』Official髭男dismさんSONGSさんありがとうございます」「『胸キュン感+最新の音+昔からあった音』『なだらかに世代がつながった』亀田さんのヒゲダンに対するコメントが的確すぎる」「ヒゲダンのSONGSまじ最高すぎだわ」などのコメントが上がっています。

心を込めて歌う藤原さんが歌詞を大切にしているということが伝わってくる放送となったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.