ノンスタ・井上ついに「イケメンに見える」と囁かれはじめる…懐かし映像で再評価 #エンタの神様 が話題

更新日:

9月18日に放送された「エンタの神様」(日本テレビ系)は『300回突破記念!あの人気者は昔こうだった!傑作爆笑ネタSP』。人気芸人たちの懐かしいコントが放送され、トップバッターのNON STYLEをはじめ、芸人たちの昔の姿に話題が集まりました。


(画像:AFP=時事)

自信満々な井上に石田が「君、嫌われてるで!」とバッサリ

M-1優勝前からエンタに出演していたNON STYLEのお2人からは映像でコメント。「エンタの神様に出ているので、今でも女子高生に人気があります!」と自信満々な井上さんでしたが、「君、嫌われてるで!」と石田さんにツッコまれて会場の笑いを誘いました。

"嫌われてるで"と言われたことに首をかしげる井上さんでしたが、ネットでは「ノンスタ井上の髪型が懐かしすぎて笑った。あの髪型流行ってた?のに」との声も。

ブレイク前のネタにネット上では"懐かしい"の声

放送された当時のネタは、2008年11月の傑作「お化け屋敷に行きたい!」。当時のネタが放送されると、ネットでは「ノンスタわっか!」「懐かしいー!ノンスタ若い!」と話題に。

ネタがはじまり、「こいつがカッコつけすぎるんです!」と訴えかたけた石田さん。「いたって普通ですよ」ととぼける井上さんに、「アンパンマンのことをアンパンメンという」と言って笑いを誘いました。

そんな井上さんは、「彼女をつくってお化け屋敷にいき、そっと抱きしめたい」といいます。「ね、うざいでしょ?」と石田さんのツッコみが入るものの「彼女役やって」てと井上さん。「死んでもイヤ」という石田さんでしたが、仕方なく役になりきることに。

色褪せない当時の爆笑ネタ

「お化け屋敷入ろう!」という井上さんに、ヒーッと倒れた石田さんはその拍子にお化けになってしまいます。つづいて、お化け屋敷に入ろうとチケットを買おうといる井上さんでしたが、「ギャー!」と叫んだ石田さん。

何事かと思えば「チケット500円もするー!たかーい!」と怖がるツボが変わっている様子。

いよいよお化け屋敷に入るも再び「ギャーッ!」と叫ぶ石田さんは、お化けと戦おうとします。「素直に怖がって」といわれた石田さんは「こわーい!」と井上さんにしがみつくも、「大丈夫!僕がついているから!」といわれたとたんに「キャァァァ」とお化けにあったときよりも怖がりを見せ、さらに「無理ー!お化けの方がマシ」と爆笑を誘いました。

続いてお化け役になった石田さんは、体を前後にゆらゆら。全身白い衣装もあり「誰がいったんもめんせいゆうた?」と井上さんにツッコまれると、ネクタイをゆらゆら。

「小さくいったんもめんすんな!」「やる気だせや!」といわれた石田さんは、カーテンの陰にかくれてイグアナのようなポーズでのそのそと這い蹲り、「いゃーいゃー」と気持ちをいる声を出して登場。これには、「怖い、怖い、怖い、ごめん、ごめん、俺が悪かった」と謝罪する井上さん。

その後、「バァ!」と出ていきたお化け役の石田さん。「ごめん、急に俺のほうが怖くなってきちゃった。」「え?私のこと守ってくれるといったじゃない?」と彼氏と彼女の二役をこなした井上さんは、最後に「お化けがこわいんじゃないよ!君を失うのがね」という彼氏のセリフをいうと、「はい、気持ちわるーい」と石田さんからジャンピング殴打をされていました。

続いて「んじゃ、お前がやってみーや」といわれた石田さん。「きゃー、こわいー」とおどろく井上さんに「大丈夫、俺に憑いてるから」と幽霊のジェスチャーをして爆笑をさそいました。

ノンスタ・井上ついに「イケメンに見える」と囁かれはじめる

今でもイケメンと勘違いしているキャラを演じ続けている井上さん。懐かしいコントには注目が集まり、ネットではついに「井上、イケメンに見える」というコメントがあがりました。

また、M-1優勝前のネタであったにもかかわらず、「やっぱりノンスタは面白いね」「ノンスタイルの安定感たるや」と高い評価を集めていました。最近では、テレビでのコントは少なくなりましたが、またノンスタのコントを見たい!と思った方も多かったようです。

(文:リエ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.