野村萬斎が「股間を…」にスタジオ騒然?「おっぱいでかなりたいなのは☆」に対する感想が話題

更新日:

1月24日放送の「アウト×デラックス」に狂言師・野村萬斎さんがゲストとして登場。東京五輪・パラリンピックの開閉会式で、演出の総合統括責任者を務める萬斎さんのために番組が用意したローカルアイドル・Emi-chanらアウト軍団との絡みが面白いと話題を集めています。

野村萬斎「股間を黒く塗ったお母さんの絵」を描いていた?アウトなエピソードを披露

狂言師の野村萬斎さんが登場した24日オンエアの「アウト×デラックス」。萬斎さんはマツコ・デラックスさんのある行動が気になって「アウト×デラックス」に出演したとのこと。人の仕草をよく観察するという萬斎さんが気になるマツコさんの仕草は、無意識にやっている服をフワッとさせる仕草。マツコさんによると、服をフワッとさせる仕草は、体が大きくて丸いため、服で首が詰まるので前に戻しているそうです。続いて、萬斎さんは子供の頃、お風呂に入る時、母親のデリケートゾーンの毛が気になったアウトなエピソードを披露。そのため、股間を黒く塗ったお母さんの絵を描いて幼稚園の先生を驚かせたそうです。

Emi-chanさんが「アウト×デラックス」に再降臨

さらに、東京五輪・パラリンピックの開閉会式で、演出の総合統括責任者を務める萬斎さんのために番組が用意したアウト軍団が登場。萬斎さんにインスピレーションを与えることを目的にパフォーマンスを披露することに。そこに登場したのが、2018年1月に「アウト×デラックス」に出演して衝撃を与えた、地下アイドルでローカルタレントとしても活動する"永遠の17歳"ことEmi-chan。きょとんとする萬斎さんの前で代表曲「おっぱいでかなりたいなのは☆」を全力で歌い切りました。すると、萬斎さんの口から出たのは「人類は多様だな」の言葉。「多様な世界観はキーワードなので」と話す萬斎さんは、お代わりタイムでEmi-chanの「おっぱいでかなりたいなのは☆」をリクエスト。他のアウト軍団の面々をバックダンサーに「おっぱいでかなりたいなのは☆」をもう1度歌うEmi-chanに萬斎さんも「多様な世界観」の一言。マツコさんも「ダイバーシティですよね」と相づちを打つ形でEmi-chanの登場場面は終了しました。

Emi-chan再降臨にネットも沸く

放送を見た人からは「Emi-chan見てる時の野村萬斎さんの顔」「Emi−chanだいぶレアキャラ」などの声があがっていました。再登場したEmi-chanですが、萬斎さんの前で「おっぱいでかなりたいなのは☆」を歌わせる企画を実現させたスタッフにあっぱれと言いたいですね。また、未知との遭遇のためか、きょとんした表情で何を話せば良いのか整理がついていない萬斎さんの姿が印象的で、かなり面白い放送回になりました。ちなみに、「おっぱいでかなりたいなのは☆」はYouTubeで聞くことができますので気になった方はぜひチェックしてみてくださいね。
https://www.youtube.com/watch?v=mheGgKnVkVM&feature=youtu.be
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.