軽く死ねるレベル?全ジャニオタが憧れる"神席"アリーナ正面2列目を全力で綴る

更新日:

ジャニーズ事務所の人気グループHey!Say!JUMPは現在ドームツアーをおこなっています。ジャニオタにとってコンサートは"参戦"と称される特別なもの。コンサートチケットの抽選に当たるかどうかというところから戦いはスタートし、良席をゲットできるか、お手振り(好きなタレントから手を振ってもらえること)をいただけるか、など興奮するポイントは数々あります。今回、なんとアリーナ正面の前から2列目というとんでもない神席で参戦することができたため、そこでの体験を具体的に綴ってみたいと思います。

画像はイメージです。

メンバーが"豆粒"じゃない!双眼鏡が要らないステージ

ヤフオクドームで開催されたHey!Say!JUMPのコンサート、席数は推定40,000から50,000席。(ステージの形状によって座席数は変動し各コンサートの実数が公開されていないため推定)この座席数のなか、アリーナ正面の1列目2列目はおよそ100前後ではないでしょうか。コンサート会場に入ると、その1/400から1/500の確率を全Hey!Say!JUMPファンの中から引き当てた自分をまずは讃えたいという恍惚感でいっぱいになります。ステージが始まると、これまでスタンド席かアリーナでも遠くの方しか経験のなかった私にとって、そこはまさに「夢の国」。何よりも、メンバーが近い!サイズが大きく見える!ステージから近いので当然の事ですが、これまでは当たり前のように構えていた双眼鏡も必要ありませんでした。ドームでのジャニーズコンサートというと、どうしても「席がステージから遠い」「メンバーが豆粒」「よく見えないから、スクリーンで見た方がマシ」というのが現実。私もそれをこれまで何度も経験してきました。コンサートを楽しみながらも、もっともっと近くにいきたいと何度も思ってきました。でも、今回は前に1列挟んだ所はもうステージで、いつもテレビで観ている大好きなJUMPメンバーの姿がすぐそこに居ました。

次の曲の準備姿も!移動するメンバーの姿も!近くでバッチリキャッチ!

そして、今回「アリーナだからこそ」と思った出来事が、次の曲のための移動で暗闇の中通路を走ってメインステージへ向かうメンバーの姿を見られたことです。これは普段はなかなか見られない姿です。さらに、センターステージやトロッコでメンバーがパフォーマンスしている時に、メインステージにバンドコーナー用のドラムセットが運び込まれ、メインステージに中島裕翔さんが登場した瞬間を見られました。思わず「すごいなぁ」とため息。まだ前の曲をやっている暗闇の中、ドラムセットにスタンバイする少しのオフっぽいレアな表情が拝めたわけです。その表情は一見クールながら、「やってやるぞ!」という気迫が伝わってくるカッコいい顔なのでした。

想像より"でかい"通路に来たメンバーの"ファンサ"も近くでいただき!

そして、今回の席はすぐ横が通路だったので、通路でお手振りやピースサインを向けてくれる等いわゆる"ファンサ"をするメンバーを間近で見ることができました。距離にして大体5m位でしょうか。アリーナの前から2列目からみるメンバー達は、開演前に想像していたより遥かに大きく感じました。街中でタレントさんを目撃した感想でよくあるのが「小さかった」という、テレビで見るよりも小さく感じる現象。こんな至近距離で拝んだら、意外と「小さい」って思うかも、など考えあぐねていましたが、コンサート中はオーラが出まくっているせいか「想像より大きい」と感じました。

全員と目が合った!気のせいではないはずだ

もちろんそのファンサはみんなに向けられたものではありますが、こっちを向いてくれたメンバーとは、みんなと目があった気がします。距離が近いので"目が合った"感もかなり強烈に海馬に刻まれました。もう軽く死ねるレベル…。そして、近いゆえに、このチャンスを絶対逃したくないという思いから、(勿論マナーは守って)いつもよりアピールしている自分がいました。今回コンサートを近くで見せて頂き、大好きだったHey!Say!JUMPがさらに、今までの倍以上大好きになりました。今まで人から聞いたことしかなかった"神席"に入らせていただけた事の有り難さを噛み締め、明日からも頑張りたいと思います。(文:ジャニーズライター裕凛)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.