エモすぎる!乃木坂46新曲『世界中の隣人よ』のジャケ写に1期生ズラリ!卒業生も登場で「尊い」の声続出

更新日:

乃木坂46は6月17日、新曲「世界中の隣人よ」を配信開始しました。5月25日に公式YouTubeにMVが先行公開されて以来、話題となっていた同作の配信に、多くのファンからコメントが寄せられています。

■支援ができるなら…ダウンロードするファンが続出

乃木坂46の公式ホームページには、同曲をダウンロード、またはストリーミングできるサービスとして、iTunesやApple Musicなど、全11媒体が紹介されています。

音源で得た収益は、新型コロナウイルス対策に関わる医療関係者の活動支援を目的に、全額が寄付されるそう。

多くのファンたちは、「普段は円盤派ですが今回ばかりはダウンロードです」「MV何回も見たけど、コロナ対策の活動支援になるからね」「決して高い金額じゃないし。医療従事者の方々への感謝を込めて」と、さっそく新曲を手に入れた様子。

すでにYouTubeで何度も同曲を耳にしていたファンたちは、「MVはもちろん最高なんだけど」と前置きしつつ、「改めて歌詞と声を聴くと色んな感情が湧いてきて鼻すすってます」「目をつぶるとMVに映ってないあの人やあの人やあの人の声が聞こえる気がする」「世界中の隣人よ、やっぱり聴いてて安心する」と口々に反応。感動を深めていました。

■エモすぎる!乃木坂46新曲『世界中の隣人よ』のジャケ写に1期生ズラリ!卒業生も登場で「尊い」の声続出

配信と同時に曲のジャケットが公開されると、ファンからは「ジャケ写最高すぎる」という声が続出しました。

ジャケットには、乃木坂46が「真夏の全国ツアー」を開催している明治神宮野球場のバックスクリーンを背景に、19人の一期生ひとりひとりの自撮りが映し出されています。

その中には、乃木坂46を卒業したアナウンサーの市來玲奈さん、絶対的エースとして知られていた西野七瀬さんなど、数々の元メンバーの姿も。

ファンたちは、「1期大好きマンには最高すぎる」「毎年参戦していた夏の熱いLIVEを思い出しますね」「曲が良いのは勿論のこと、このジャケ写がまじでエモすぎてやばい」「卒業生も出てるのが尊い」と思い出に浸っていました。

■「MVも配信して欲しい!」期待の声相次ぐ

乃木坂46の公式YouTubeに公開された「世界中の隣人よ」のMVは、6月17日の時点で350万回を超える再生がされています。

「ダウンロードしたけど映像見たいからMV見てる」「何度見ても涙が出る」というファンは多く、「MVも配信して欲しい!」という声も。

「YouTubeだけじゃなくてiTunesとかに。支援になるならいいと思う」「映像として残しておきたい」という願いが、ネット上に広がりを見せています。

「卒業してもずっと乃木坂46」と、かつてリーダーを務めていた桜井玲香さんが口にしていたように、今回の新曲では"乃木坂集大成"のパワーを存分に楽しむことができるようです。

「世界中の隣人よ」を聴いて、これからの乃木坂46の活躍がより楽しみになった人も多いのではないでしょうか。

(文:緑野ヒカリ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.