乃木坂46松村沙友理、土下座で「本当に申し訳ございません!」まさかの失態に「もう無理ですね…」齋藤飛鳥が飛べない鳥になる

投稿日:2021/07/12 12:00 更新日:

バナナマンの設楽統さん、日村勇紀さんがMCを務める乃木坂46の冠番組「乃木坂工事中」(テレビ愛知/テレビ東京系)。7月11日放送回では松村沙友理さんの卒業記念企画として「大縄跳び46回チャレンジ」に挑み、話題になりました。

(画像:時事)

■「みんなで46回目指しましょう!」乃木坂46・松村沙友理卒業記念!あの因縁の名物企画に挑戦!

7月13日に乃木坂46から卒業する松村沙友理さん。番組への出演もこれで最後ということで、1期生8名で大縄跳びに挑戦したいと言い出します。

「これはもう"乃木坂46の歴史"と言っても良いですね」と頷く設楽さん。これまでに何度も挑戦し、松村さんの「妥協じゃないです!方向転換です」という番組史に残る名言も誕生した名物企画。しかし、今までに一度も46回跳ぶことができていません。

そんな失敗の歴史に終止符を打ち、気持ちよく卒業したいと意気込む松村さん。「みんなでちょっと跳び方のレクチャーとかしてもらった」と、収録3時間前にスタジオ入りし、準備と対策を練ったことを明かします。

「確かに。達成した方が良いよ」と言い、体力の問題から「1回目が勝負だと思う」とアドバイスする設楽さん。

8名は円陣を組み、「できる!」「うちらはできる!」「思ってるより(モモを)上げなきゃダメ!」「みんなで46回目指しましょう!」と気合を入れました。

■松村沙友理、土下座で「本当に申し訳ございません!」まさかの失態に「もう無理ですね…」齋藤飛鳥が飛べない鳥になる

後輩が見守る中、負の歴史を断ち切るため、旅立つ友を送り出すためにと跳び始めた8名。

「いいぞ!」「すごい!」「行くんじゃないか?」と設楽さんが声援を送る中、順調に回数を重ねていきます。しかし、残念ながら38回で失敗してしまいました。

思わずその場に崩れ落ちる1期生達。設楽さんも「もう46回行ったと思った」と悔しさを滲ませます。

スローVTRで確認したところ、縄に引っかかってしまったのが松村さんだと判明。松村さんはその場で「本当に申し訳ございません!!」と土下座し、スタジオは笑いに包まれました。

日村さんが「惜しかった、惜しかった」とフォローする中「体力的には結構まずいかもしれない」と懸念を口にする設楽さん。最も成功確率が高いとされる初回が失敗に終わり、スタジオには不穏な空気が流れます。

疲れ果て、立ち上がることもできない1期生達。高山一実さんや齋藤飛鳥さん、秋元真夏さんは「もう多分無理だと思います」「もう無理ですね。もう、これっきりで…」「あと1回(で、限界)」と口々に弱音を吐いてしまいます。

しかし、卒業する松村さんのミスで終わらせるわけにはいかないと奮起。呼吸を整えて立ち上がり、2度目のチャレンジに挑みました。

■10年越しの悲願、遂に達成!松村沙友理「改めて悔いはない」

「苦しくなった時程、高く!足揃えて!46回、行くよ!」と言う設楽さんからの檄を受け、力を振り絞って跳び始める1期生達。

「頑張れ!」「行ける行ける!」「高く!高く高く!」といった後輩や設楽さんからの声援を受けながら跳び続け、遂に46回跳ぶことに成功します。

その場に崩れ落ちる1期生達。高山さんは高らかに拳を突き上げ、松村さんの目からは涙が零れ落ちます。

そして、跳びあがって喜ぶ後輩達から万雷の拍手で讃えられる中、1期生全員で抱き合って互いの健闘を祝福し合いました。

「1期生でずっと10年間やってきて、なんでも頑張ったらうちらに達成出来ないことはないんだなって言うのを改めて思って」と成功を噛みしめながら「改めて悔いはない」と言う松村さん。

普段、滅多に涙を見せることのない齋藤さんの目にも光るものが浮かび、秋元さんも「もう一生…無理だと思ってました」と涙ぐみながら心境を吐露。高山さんは「本当にすごいなと思いました!みんなと一緒ならなんでもできる!」と弾ける笑顔を浮かべました。

■先輩の姿を見て久保史緒里も感動

そんな先輩たちの姿を見て「あまりにもかっこ良すぎて、改めてこんな素敵な先輩を持てて幸せだなと思ってウルッと来てしまいました」と感想を語る久保史緒里さん。

斎藤さんは「心のどこかでは達成したいなって思ってた」と、ずっと心残りだったことを明かし、「きっかけをくれたのはさゆりんなので、ありがとう」と晴れやかな笑顔を見せました。

そんな感動的な空気が流れる中「ごめんね、ムード壊すようで…」と口を開いた設楽さん。「46回跳ぶのってそんな難しい?」と尋ねます。

これに生田絵梨花さんが「難しいですよ!」とハイトーンで絶叫し、スタジオは大きな笑いに包まれました。

■反響続々!「自分のこと以上に…」大縄跳びの師匠・なわとび小助も祝福!

放送終了後、この番組でもメンバーになわとびを教えていたなわとび小助さんは自身の公式Twitterを更新し、「自分のこと以上に嬉しい瞬間に立ち会え、感無量でした」と祝福コメントを投稿。

さらにネット上では「松村回にハズレなし。1期生回にハズレなし!まっちゅんがいたからこれだけ乃木中が面白くなりました」「工事中凄くよかったな…やっぱり1期生最高だな」「念願の大縄跳び46回達成!泣いたわー。松村さんいなくなると淋しいなあ。あの笑顔、またどこかで見たい」など多くの感想が上がっていました。

因縁の大縄跳びへの挑戦を通じて、改めて1期生の強い絆を感じることができましたね。

ラストメッセージでは「卒業は寂しい」としつつも「本当に後悔がない。やり残したこと全然無いなって思える」と想いを明かした松村さん。

「私の人生を幸せにしてくださって、本当にありがとうございました」と、柔らかく微笑む笑顔に、胸を熱くしたという方も多いのではないでしょうか。

【番組情報】
乃木坂工事中
https://www.youtube.com/watch?v=ZX2HJ6LLn7Q

(文:こじこじ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.