乃木坂46遠藤さくらが号泣!西野七瀬を彷彿とさせる「天使の涙」でトレンド入り

投稿日:2021/03/15 13:03 更新日:

バナナマンの設楽統さん、日村勇紀さんがMCを務める乃木坂46の冠番組「乃木坂工事中」(テレビ愛知/テレビ東京系)。3月14日放送回では秋元真夏さん、高山一実さんがバラエティ番組のスキルを伝授。遠藤さくらさんが号泣してしまうシーンなどが注目されました。

(画像:時事)

■「神企画の予感」放送前から期待高まる

「乃木坂工事中」の放送300回目の節目となった今回は「バラエティ養成講座・前半戦」の様子が放送されました。

活動も10年目に突入し、個々のメンバーがバラエティ番組に出演する機会も増えた乃木坂46。そこで、今回の企画では経験豊富な先輩から後輩へバラエティ番組のスキルを伝授します。

4期生・賀喜遥香さんは設楽さんから普段の様子について訊かれ「自分で頑張らなきゃって思っちゃうことが多くて。先輩を見て学んでたりとか…」と、直接質問する事ができていないことを告白。「こういう機会がすごい嬉しいです!」とやる気を見せました。

この企画に対してはファンからの注目度も高く、ネット上には放送前から「これは神企画の予感」「世代交代が進む中、こういう機会はまじで大切」「絶対ためになる奴やん」など、多くのコメントが上がっていました。

■「乃木坂進化中」設楽も感心した秋元真夏、高山一実のスキルとは!?

前半戦で大きく取り上げられたテーマは「VTRを観てコメント」。

設楽さんは「非常に多いからこそ、これがなかなか難しい」とし「3回くらいミスするともう呼ばれない」と説明します。テロップではその厳しさを乃木坂46の楽曲「何度目の青空か?」にかけて「4度目は空席か」と表現されました。

最初に講師を務めた秋元さんが挙げたポイントは「バリエーション」「番手を考えろ!」の二つ。

コメントの順番について「一番手と言うのは基本、綺麗な人」としつつ「女優さん・俳優さんが答えて、その後にアイドル来て(最後に)芸人さん」と解説します。

さらに秋元さんは間に挟まれたアイドルは「もう何を話したらいいの?」という状況になりがちだとし「猫が出てきて『あ、可愛い!この猫飼いたい!』とか思ってる場合じゃなくて、ちゃんと何か考えながら観なきゃいけない」と力説しました。

続く高山さんがポイントに挙げたのは「スタンス」「表情」「無理しない」の三つ。

「自分なりにキャスティングしていただいた意図を考え(スタンスに)迷ったら打ち合わせの時に聞いています」と説明。「同じ番組でも打ち合わせに来てくださるスタッフさんって違ったりするじゃないですか。だから1回1回大切」だと語りました。

これに設楽さんは「すごいな。ちゃんともうこの辺のクラスになると、こういうの考えて番組に出てるんだって、今ちょっと感心しちゃった」と絶賛します。テロップでも「乃木坂進化中」と賞賛されました。

■「VTRを観てコメント」実践編で、まさかの事態に!?

続いて、女の子と犬がアイスを食べる動画を題材に実践編に挑戦します。最初にコメントを求められたのは4期生の遠藤さくらさんでした。

「こんな平和な映像があるんだと思って幸せな気分になりました」と答えるものの、設楽さんに「平和な動画あんまりないんですか?」と訊き返されると、言葉に詰まり、テロップでも「ゴニョゴニョさくら」と弄られてしまいます。

さらに、設楽さんから「最後、このVTRって何点ぐらいですかね?」と再度コメントを求められるも、遠藤さんは「えっ…」と硬直し、答える事ができませんでした。

設楽さんから「遠藤!別にそんなに追い詰められることはないから」とフォローが入るものの、遠藤さんの目からは大粒の涙が溢れ「さくらん状態」というテロップが表示されるまさかの事態に。

メンバーや日村さんから「大丈夫!大丈夫!」「可愛いな」「可愛すぎる」と言った声が上がる中、生田絵梨花さんは「結果、さくちゃんの可愛らしさがちゃんと伝わるから。とてもいいと思う」とコメント。

設楽さんも「このVTR観て『泣いた』って言う1番の出来事が出来上がりましたから」とフォローし「バラエティ的には成功」というテロップも入りました。

■遠藤さくらが号泣!西野七瀬を彷彿とさせる「天使の涙」でトレンド入り

遠藤さんの号泣シーンは反響も大きく、ネット上では「さくちゃん可愛すぎ」「さくちゃんの涙、美しかったですね」「天使の涙」などコメントが殺到。一時、Twitterでトレンド入りする事態ともなりました。

また「太った鳩の時のななせまるを思い出した」「なぁちゃんを彷彿とさせるさくちゃん」など、前身番組「乃木坂って、どこ?」(2012年5月6日放送回)において号泣した西野七瀬さんを思い出したという投稿も多く上がっていました。

かつての西野さんがそうであったように、苦手な事に涙を流しながらも懸命に取り組む遠藤さん。その姿に、乃木坂46の未来を照らす光を感じた方も多かったのではないでしょうか。

(文:こじこじ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.