西野七瀬「すごく開放的になれる場所だったんで」乃木坂46時代に一番好きだったことは…

投稿日:2021/07/28 9:30 更新日:

7月27日放送の「グータンヌーボ2」(関西テレビ・フジテレビ系)では、MCの西野七瀬さん、女優の美山加恋さん、元アンジュルム・和田彩花さんが出演。西野さんは、乃木坂46時代に一番好きだったことを明かし、話題を集めました。

西野七瀬

(画像:時事)

■西野が和田にエール

アンジュルム時代について、和田さんは「入った時は私、小学校4年生だったんですけど、その時はずっと先輩がいて、後輩が増えていったらどんどん自分の立場が上とか中間になって。最終的には一番上の年上って感じがして」とコメント。

また、「やっぱり自分メインでは動けないじゃないですか、アイドルグループって。なので今は、辞めてから自分の世界でやってます」と、ソロになってから自分のやりたいことが出来るようになったことを明かします。

ここで、西野さんが「今はアイドル活動は?」と問いかけると、和田さんは「1人ですね」と回答。

西野さんは、「1人だったら本当に好きなことを表現出来るよ!」と和田さんにエールを贈りました。

■西野「すごく開放的になれる場所だったんで」乃木坂46時代に一番好きだったことは…

和田さんが「西野さんはどんなことが好きだったんですか? アイドル時代」と尋ねると、西野さんは「ライブ、一番好きでした」と即答。

「ステージに立ってない時はあんまり目立ちたくなくて、『誰も私のこと見ないでください』ぐらいだったんですけど…。ステージの上だとすごい逆で、広いあの空間が好きで、すごく開放的になれる場所だったんで」と、ライブが好きだった理由を力説。

そんな西野さんに、和田さんが「目立ちたくないって思ってるのは、見てても全然伝わります」と話すと、西野さんは「バレてました!」と苦笑い。

和田さんは「ステージ上ではそう思ってたのが意外で面白いですね」とコメントしていました。

■和田が子守していたことを明かす

また、美山さんは「そういうグループに私、所属したことがないんで、グループってどんな感じなんですか?」と質問。

西野さんは、「私は後輩のみんなとの関わり方がわからなくて、挨拶ぐらいしか…可愛くなかったかも」と、当時の記憶を振り返ります。

一方で和田さんは、「私、子守してましたよ、年下のメンバーの…。私、長女なんですよ。だから面倒見るのも好きだし、みんなの靴を揃えて、衣装揃えてとか全部やってました」と、面倒見がよかったことを明かします。

和田さんの話を聞いた美山さんは、「お母さんですね!」と反応していました。

今回の放送にはネット上で、「グータンヌーボのあやちょいつも通り美しくて可愛くて愛おしかった」「西野七瀬がめちゃ綺麗」「あやちょがグータンでるの嬉しすぎぃ」などのコメントが上がっています。

西野さんがアイドル時代、ライブが一番好きだったという発言が印象的でした。

また、和田さんがお母さんのように面倒見の良い人だと感じられたのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.