プロ棋士の夢やぶれて…尾崎豊の「シェリー」を歌う理由が切実すぎると話題に

更新日:

2月6日放送の「ねほりんぱほりん」では、将棋のプロを目指すエリート達が集う奨励会に所属していたケンタロウさんとエイキチさんが登場。プロ棋士を目指しながら挫折したこれまでの人生を語る2人の話に反響が寄せられています。

元奨励会員のケンタロウさんとエイキチさんが登場

6日放送の「ねほりんぱほりん」に登場したのは、元奨励会員のケンタロウさんとエイキチさん。プロ棋士の養成機関にあたる奨励会は、毎年、全国各地の神童と言われる将棋エリートの中のエリートとしか所属できない狭き門の世界。そこに所属できたケンタロウさんは小学生の時から、将棋に人生を捧げてきたことを明かします。小さな頃から将棋漬けの生活だったこともあり、友達と遊んだりテレビを見たりした記憶はほとんどなかったとのこと。ただし、モーニング娘。の加護亜依さんが好きで、彼女が出るテレビだけは見ていたそうです。一方で、エイキチさんは普通の小学校生活を送っていて将棋のプロになることは考えていなかったそうですが、将棋の全国大会に優勝し周りの人達のアドバイスもあり奨励会に入ることになったそう。

神童が経験した挫折とは?

全国から180名の精鋭が集まる奨励会の中でもプロになれる人は年間4人。そうした中で切磋琢磨するケンタロウさんとエイキチさんですが、中々そこから這い上がれずに苦労することになったといいます。特に、相手をあと一歩まで追い込んだのに勝利の2文字がちらついた結果、逆転負けをしたことが「挫折だった」と話すエイキチさん。2人に共通するのは昇格がかかった重要な勝負の時ほど、勝利が見えてくると焦ってしまい本来の将棋ができなかったようです。やはり、藤井聡太さんや羽生善治さんなどの一流棋士は、普段からよく勉強していることに加えて、負けられない戦いで勝ち切るメンタルの強さを持っているからこそプロになり、その場所で活躍できるのかもしれません。

迫る26歳のタイムリミット?尾崎豊の「シェリー」を歌う理由が切実

奨励会には26歳で退会しなければならない厳しいルールがあります。年齢が26に近づくと食べ物の味がしないほどプレッシャーを感じるようになったと語るエイキチさん。そうした時の気分転換は、カラオケで尾崎豊さんの「シェリー」を歌うこと。特に、この曲の「いつになれば 俺は這い上がれるだろう 」という歌詞が今の自分達の人生とシンクロするよう。また、ケンタロウさんは引退をかけた1局の時、「すべて失う何か、スーッて抜けていくような、自分の体が全部なくなるような」な感覚を覚えたそうです。最終的にプロ棋士になれなかった2人は、第2の人生を歩むことになります。

ひふみんは「神の神」だった

いかに将棋のプロになるのかが難しいことなのかが分かった今回の「ねほりんぱほりん」。番組の中で、山里亮太さんとYOUさんから“ひふみん”こと加藤一二三さんについての質問が。ケンタロウさんは「大先生です。神の神です」とコメント。現在はゆるキャラのように扱われている“ひふみん”ですが、ネットではこの言葉を聞いいて「ひふみん意外とすごい人やってんな」「ひふみんって改めてすごい人なんだね」「ひふみん、将棋界と一般の人々の扱いが凄い差があるよね。凄い人なのに」などの感想があがっていました。番組では加藤さんが「ひふみんアイ」が歌う映像が流れてて、笑いを誘う場面もありました。プロ棋士としての夢が破れる辛い話ではありましたが、エイキチさんは現在、和菓子職人になり新たな生きがいを見つけたそう。夢破れた人に頑張れと後押しをしたくなる放送回となりました。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.