神声優・神谷明 キン肉マンや冴羽獠を演じられるようになった理由を告白?テレビ生出演が話題

更新日:

2月7日放送の「スッキリ」と「バゲット」に“声優界の生ける伝説”神谷明さんが登場。「スッキリ」では冴羽獠やケンシロウなどの声を披露し、「バゲット」では生アフレコの極意を語り話題を集めています。

“声優界の生ける伝説”神谷明が「スッキリ」に登場

7日放送の「スッキリ」の“天の声”に登場したのは、20年ぶりに復活が話題の劇場版「シティーハンター 新宿プライベートアイズ」で主人公・冴羽獠を演じる神谷明さん。ノリの良い神谷さんは、冴羽獠の声以外にも、「北斗の拳」のケンシロウ、「キン肉マン」のキン肉スグルの声も披露。子供の頃に憧れたアニメの主人公の声を隣で聞けた、隣に座る山里亮太さんの声もいつもよりも嬉しそうなのが印象的。また、無茶ぶりされても一瞬でケンシロウやキン肉スグルの声を演じてしまう声優としてのテクニックも見事でした。

神谷明の実年齢に驚きの声

この日の「スッキリ」では、第61回「ブルーリボン賞授賞式」での舘ひろしさんと新垣結衣さんのハグをする様子を放送。コメントを求められると、「舘さん、ハードボイルドでかっこええな!」と語る神谷さん。実は、舘さんは68歳、神谷は72歳の同世代とのこと。神谷さんの年齢にスタジオでは驚きの声が上がります。神谷さんは冴羽獠の声で新垣さんに向かって“モッコリ”を連呼するなど爆笑を誘っていました。

「バゲット」では生アフレコを披露する神谷明

「スッキリ」の後の「バゲット」にも登場した神谷さんは、劇中映画のシーンを使い生アフレコを披露。神谷さんの生アフレコで印象的だったのは、声だけの仕事でも演じるキャラになりきって表情を作っているところ。そして、舞台俳優のようにお腹の奥から大きな声を出す姿でした。ちなみに、冴羽獠やキン肉スグルなど、コミカルな場面を求められるキャラでは、「恥ずかしいという上着(のようなもの)を脱いだ瞬間、できるようになった」とコメント。ギャグの場合は、恥ずかしがらずはじけた演技をすることが重要とのこと。他にも、息で蹴りの音を再現する声優ならではのテクニックも披露していて、興味深い内容でした。

朝から神谷明の登場でネットも熱狂

放送を見た人からは神谷さんには「バゲットで神谷さんを拝見出来、朝から幸せー」「神谷さん、朝から素敵な声をありがとう」「観ましたー」などの声があがっていました。子供の時から見ていたアニメのキャラを演じてきた神谷さんの登場に、朝から驚いた人は多かったようです。特にアフレコで息で蹴りの音をつけるところは、特に見応えがあり、声を演じ分けるだけでなく、効果音のようなものまで再現できしてしまうところは感動的でした。久々に「シティーハンター」が帰ってくるので、神谷さんの冴羽獠の演技にも要注目ですね。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.