中山秀征「本当にもう尊敬しかないですね」敬愛する志村けんさんから学んだことを明かす!

更新日:

9月18日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)では、中山秀征さんが登場。中山さんが敬愛する志村けんさんについて思い出などを語りました。

(画像:時事)

■中山秀征「本当にもう尊敬しかないですね」敬愛する志村けんさんから学んだことを明かす!

今回のゲスト、中山秀征さんが敬愛するのは、今年の3月に逝去した志村けんさん。そのことを踏まえて、黒柳徹子さんは「何か学んだことがあるとしたらどんなことですかね?」と質問します。

すると、中山さんは「本当にたくさんあるんですけども、やっぱり時間ですね。師匠は遅刻をしない、絶対に遅刻をしないんですね」と時間を大切にすることを志村さんから学んだことを明かしました。

続けて、中山さんは「何でそんなに早く来るんですか?って聞いたんですね。いつも30分前とか…1時間前に来られることもある」と話すと、徹子さんは「ええー! 本当に?」と驚きの声をあげます。

また、中山さんは「僕はね、初めて仕事をする時に絶対遅れちゃいけないと思って、入り時間の30分前に入ってお出迎えしようと思ったんですね。そしたら、もう車があってゾッとしたんですよ。1時間ぐらい前に入られて『なんで、そんなに早いんですか?』って聞いたらね、『遅刻すると、すいませんから始まるだろ』と『1日が 俺、すいませんから始まりたくないんだよ』と。『だから 早く入るんだ』って言ってましたね」と志村さんの言葉を紹介しました。

時間を大切にする志村さんの仕事の流儀を知った徹子さんは「私なんか、全然だわ」とコメント。一方の中山さんも「本当にもう尊敬しかないですね、感謝と尊敬」と、志村さんへの尊敬の念を示しました。

■中山秀征におくった志村けんさんのアドバイスとは?

また、中山さんは「ヒデな、バカでいろよ」と、若手時代に志村さんからアドバイスされたことを明かします。

続けて、中山さんは「『利口になるな』と、バカっていうのはね、こうね、追求…。なんでも追求するバカでいろ、知ったかぶるなよと、そういう事だと思うんですけども。常に新鮮な気持ちでバカでいろと、それをね、言われました」と言葉の意味をわかりやすく解説しました。

中山さんの言葉を聞いた徹子さんも「でも、あの方もそんな風にちょっと、暮らしてらしたように見えますよね、ちょっと」とコメント。

すると、中山さんは「そうなんです。凄く、やっぱりあの…色んな事も色々細かく勉強されているけど、あまりひけらかさない。分かっていても言わないっていうところが、凄いなっていつも思ってましたね。でも、全部わかってるんですよね」と勉強熱心な志村さんの素顔を力説しました。

今回の放送について、ネット上では「志村けんさんの仕事に対する姿勢を伺えて良かった」「徹子の部屋中山ヒデさんの志村さんのお話聞けて良かったです!ありがとうございます!」「中山秀征が志村けんについて話していた。志村けんは仕事場にもいつも早く来たそうで、あれだけ大御所なのに、偉ぶらない姿勢が素晴らしいと思った」などのコメントが上がっています。

仕事場には早くきたり、常に研究熱心だったりと志村さんの素顔を改めて中山さんからきくことができて、感慨深く感じた人も多かったようです。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.