中川家、M-1優勝直後に島田紳助と松本人志に怒られていた!「優勝してんのに…」凄すぎる“ダメ出し”の理由

投稿日:2021/02/05 14:00 更新日:

2月3日放送の「バナナサンド」(TBS系)では、お笑いコンビ・中川家の剛さんと礼二さんがゲストとして登場。2人が第1回「M-1グランプリ」で優勝を決めた直後に、島田紳助さんとダウンタウン・松本人志さんにダメ出しされたことを明かし、話題を集めました。

(画像:時事)

■中川家、M-1優勝直後に島田と松本に怒られていた!「優勝してんのに…」凄すぎる“ダメ出し”の理由

中川家は2001年に開催された第1回「M-1グランプリ」で優勝。

そのことについて、バナナマン・設楽統さんは「『M-1』の時にね、紳助さんと松本さんにね、何かちょっと怒られたことがある?」と話を振ります。

剛さんによると優勝を決めた瞬間、島田さんと松本さんが近寄ってきて、「最初のとこなんかおかしないか? 最初のネタのとこあれ気持ち悪いな」と指摘してきたとのこと。

設楽さんが具体的にどういうことなのか問いかけると、剛さんは「なんかつかみをやったんすけど、ボケを3つやらんと気持ち悪いって」とコメント。

さらに設楽さんが、「それはどういうことですか? 普段は3つっていうのはどっこかでやってるんですか?」と尋ねると、剛さんは「いやなんかその…吉本の先輩ってなんかそういうのがあって、よく。3ついっとかなとか、今のもう1回いけたやろとか」とダメ出しをされた理由を説明。

この話を聞いた設楽さんは「昔からある流儀というか」と伝えると、中川家の2人は三段オチが1つのパターンと相槌を打ちます。

そんな剛さんは「でもよくないですか? 終わってんねん大会、優勝してんのに…。松本さんも後ろで『せやなぁ〜俺も気持ち悪いな最初のとこ』って言うて、なんかあれ? 俺、優勝してんねんけどね」と愚痴をこぼします。

■中川家出演の「バナナサンド」に反響

ここで、設楽さんが「それは2人であそこ2個にしようとかいう話になってて?」と尋ねると、剛さんは「いや、そういうのもまだわかってなくて」とコメント。

続けて、礼二さんが「あんまりウケへんかったんでやめたんですよ、途中で」と話したのに続き、剛さんが「そうそう、3つ目をやめたんです」と途中でネタの内容を変更したとのこと。

すると、設楽さんも「それがやめたのをわかったんだ」と紳助さんと松本さんは3つ目のボケを入れなかったことを気づいたから、「気持ち悪い」とダメ出ししたんだと納得することに。

また、サンドウィッチマン・伊達みきおさんも「すごいっすね、すぐ指摘されるって」と3つ目のボケをなくして2つにしたことに気づいた、紳助さんと松本さんを絶賛。

そうした経緯もあって、礼二さんは「おめでとうっていう雰囲気もなかった」と話し、ほろ苦い優勝になったことを明かしました。

今回の放送にはネット上で、「面白かった!第1回のM1の時のことや、ネタはどうやって合わせてるのか等」「バナナx中川家、サンドx中川家、M-1貴重エピにモノマネとかてんこ盛り、兄ちゃんが絶好調の日でラッキー、あ~面白かった」「中川家回面白かった!あんまり同年代芸人の東京さんとの話聞けないから嬉しい 中川家ワールドかっこいいわー」などのコメントが上がっています。

中川家の2人が紳助さんと松本さんとのエピソード以外にも「M-1」の裏話を色々話していて、とても貴重な内容となったのではないでしょうか。

【番組情報】
バナナサンド
https://tver.jp/corner/f0066674

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.