高橋一生がムスカ?『凪のお暇』が裏番組"ラピュタ"をネタにし「天才的」と話題

更新日:

8月30日、黒木華さんが主演を務めるドラマ「凪のお暇」(TBS系)の第7話が放送されました。第7話では裏番組で放送された「天空の城ラピュタ(宮崎駿監督作)」の滅びの呪文をネタにした演出が話題を集めました。

「凪のお暇」第7話のあらすじ

元カノ・大島凪(黒木華)から安良城ゴン(中村倫也)と別れたことを聞かされた我聞慎二(高橋一生)。凪のことが気になって仕方ない慎二は、オフィスラブを満喫中の市川円(唐田えりか) とランチ中にも関わらず、円の話がまるで耳に入ってきません。

するとそこに、円が慎二に宛てたメッセージを見た会社の同僚・足立心(瀧内公美)たちがやってきて、鉢合わせに。同僚には円と交際していることを知られたくない慎二は、仕事の打ち合わせと嘘をつきますが…。

お笑いコンビ・シソンヌの長谷川忍、高橋一生の兄役で登場

第7話では、消息不明だった慎二の兄・我聞慎一(長谷川忍)が登場しました。人前では理想的な家族を演じている我聞家ですが、慎一の中学受験失敗以来、家庭は崩壊。それでも体面を気にする両親は、消息不明の慎一がお堅い職業について働いていると周囲の人間に嘘をつきますが、慎二は辟易しています。

それでも、ライフスタイルコンサルティングという怪しげな肩書きでYouTuberのような動画配信を本名でやっていると知った慎二は、兄に会いに行き、本名で活動することを止めるように説得を試みます。

すると慎一は「相変わらず仮面かぶって生きてんだ」と、慎二の生き方に疑問をぶつけることになります。

今回、お笑いコンビ・シソンヌの長谷川さんが慎一で登場したこともあり、2人の母親役・西田尚美さんはSNSに「凪のお暇。今日の回で、シソンヌの長谷川さんまで産んだことがバレちゃった。高橋一生さんと長谷川さん」とメッセージを寄せています。

高橋一生がムスカ?裏番組の"ラピュタ"ネタに「天才的」の声

この日、「凪のお暇」の裏番組の「金曜ロードショー」(日本テレビ系)で放送されたのが「天空の城ラピュタ」。すると「凪のお暇」では「ラピュタ」の滅びの呪文をネタにして、スナック 「バブル」のママ (武田真治) がお客さんに「バルス!どうぞ」と鳥照り丼を提供するシーンが登場。

ネット上では、このシーンを見た視聴者から「バルス丼の出し方も天才的なドラマだ…」「ラピュタやってたからバルス丼だったのね粋なママだな」「凪のお暇で武田真治が #バルス 発動したよね。ねー」などの声が上がりました。

ちなみに、ドラマのラストでは、高橋さんが号泣しながら両目をおさえるシーンが登場。この仕草が「ラピュタ」のラストでムスカが「目がぁぁぁ」と絶叫した目を抑えるシーンとそっくりで、ここも「ラピュタ」のパロディになっているようです。

ドラマは見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。

https://tver.jp/corner/f0038959

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.