『麒麟がくる』出演ゼロなのに向井理のプライベートを暴く要員として呼ばれた佐藤二朗が最高…「湯もみをしたんです」

更新日:

8月29日放送の「土曜スタジオパーク」(NHK総合)では、NHK大河ドラマ「麒麟がくる」で足利義輝を演じる向井理さんがゲストとして出演。VTRで登場した友人の佐藤二朗さんが向井さんの素顔を明かし話題になりました。

(画像:AFP=時事)

■『麒麟がくる』出演ゼロなのに向井理のプライベートを暴く要員として呼ばれた佐藤二朗「湯もみをしたんです」

今回は、ドラマ「麒麟がくる」に出演していないにも関わらず、向井理さんとプライベートで仲が良いということで、佐藤二朗さんがVTRでメッセージを寄せます。

その中で、佐藤さんは「僕にとっては世話をしてくれる将軍!本当に居心地よくしてくれるのよ。気遣いとか段取りとかそういうの全部含め」と向井さんの人柄を絶賛しました。

続けて、佐藤さんは「草津だったと思いますけれども、そこが個室温泉みたいな所で、何時ぐらいに旅館の料理を持ってきてくださいって、全部アイツが段取りして、もう添乗員のような」とコメント。

また、佐藤さんは「私、予定よりちょっと早くウキウキしちゃって、風呂に行ったの。そしたら、さらに早く理が来て湯もみをしたんです。草津温泉だからというわけじゃないだろうけど、ちょっと湯が熱かったらしくて、俺のために湯もみをしてくれてですね『さあ、どうぞ、先輩』とか言って。それで料理の段取りも全部やって」と、プライベート旅行での向井さんの気遣いが素晴らしかったことを明かします。

■向井理の趣味は「薫製」作りだった…!?

続いて、佐藤さんは、向井さんが体育会系出身であることに触れ「だからね、あの人とね、乾杯するとですね、今でもね『どうも』って言って、必ず両手で持つんです、コップを。俺、別にそんな作法知らないから『お疲れな』ってやると『どうも二朗さんお疲れさまです』て言って、必ず両手で持って、自分のグラスを僕のグラスより下に当てるんですよ」と先輩に対して礼儀正しいエピソードを紹介。

また、佐藤さんは、向井さんの趣味が燻製作りと話し、撮影中に燻製器を持ってきて、燻製を作ってくれことを明かします。ちなみに、燻製器は自前のもので、向井さんは「あれで二朗さんのつまみも作っています」とコメント。

■向井理が自粛期間中にしていたこととは?

佐藤さんのVTRが終わり、NHKのイメージキャラクター・ななみちゃんが登場すると、自粛期間中にしていたことを向井さんに質問します。すると、向井さんは「結構逆に公園とか行っていたんで、焼けたねってマネージャーに凄い冷めた目で言われました『焼けましたね』って」と語ります。

この話を聞いたななみちゃんが「ドラマの繋がりがあるのに大丈夫なの?」と問いかけると、向井さんは「だからドラマがなかったんですって、本当は舞台があるはずだったのに全部飛んだ」と、やるはずだった仕事ができなくなったと説明しました。

そして、向井さんの話を聞いたななみちゃんは「ちょっとは外で遊んだりもできて、少し息抜きがあってよかったね」と語りかけました。

今回の放送について、ネット上では「温泉の食事から何から全部段取りをして随分早くから来て湯もみをしてくれる向井理さん女房かよ」「麒麟がくるに一ミリも出てないのに向井理さんの仲良し枠でコメント求められて語る佐藤二朗さん。なのに向井さんの情報が、・体育会系・燻製好きて!」「佐藤二朗さん、向井理はくんせい将軍www」などのコメントが上がっています。

今回は、『麒麟がくる』への出演はゼロなのに向井さんのプライベートを暴く要員として呼ばれた佐藤さんが、これでもかと向井さんについて語ってくれたので、最高だと感じた人は多いのではないでしょうか。また、向井さんが"気遣いの人"というのは、佐藤さんの話から伝わってきて、とても充実した内容となっていましたね。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.