向井理「このまま続けてても…」俳優を辞めそうになったことを告白!向井を救ったマネージャーの”金言”とは?

投稿日:2021/04/18 13:46 更新日:

4月17日放送の「人生最高レストラン」(TBS系)では、俳優の向井理さんがゲストとして登場。向井さんが俳優の仕事で行き詰まっていた時に救ってくれたマネージャーの言葉を明かし話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■向井理「このまま続けてても…」俳優を辞めそうになったことを告白!向井を救ったマネージャーの”金言”とは?

今回は20日から放送が始まるドラマ「着飾る恋には理由があって」に出演する向井理さんがゲストとして登場。番組では、向井さんにとっての人生最高の一品が『アントニオ南青山本店』のレモンパスタであることが明かされました。

アントニオを初めて訪れたのは15.6年ほど前という向井さんは「オーディションに全く受からなくなって、仕事がなくて。オーディション受けるにもちゃんと時間を作らないといけないんで、アルバイトも出来ずに経済的にひっ迫して」と当時の記憶を回顧します。

続けて、向井さんは「で、さらに才能がないし、お金もないし、このまま続けてても何のビジョンも浮かんでこないからマネージャーに相談しようと思って…。『もう辞めるべきだと僕は思うんですけど』って言ったら、鼻で笑われてそのマネージャーに」とコメント。

この時そのマネージャーは「そもそもその落ちるっていうのはあなたが才能がなくて落ちたんじゃなくて、今回のその企画だったり作品だったりに合わなかっただけだから…。合うのが来たら受かるからそれまで受け続けなさい」という言葉をかけて励ましてくれたそうです。

そうしたこともって向井さんは「で、その時パスタを確か食べたと思うんですけど。それが何かこうアットホームないわゆるイタリアのその郷土料理じゃないですけど、勝手におふくろの味みたいなものを感じて」と忘れられない経験になったことを明かしました。

■狂犬・加藤浩次「改心しましたよ」向井理、感極まった瞬間を明かす

番組のエンディング、加藤さんが「今ね、何してる時が一番楽しいですか?」と質問します。向井さんは「仕事してる時が楽しいというか。やってる生きてる実感はあるかもしれないですね」とコメント。

ここで、向井さんは「去年、仕事が全部飛んでエンターテイメントっていうのは絶対的な平和の上で成り立っているんだっていうのをすごい痛感したんですよ。お金も稼げなくなって、変な話、僕 歩合なので、やらないと入ってこないんですよ」とステイホーム期間中に感じたことを告白。

そんな向井さんは「大河ドラマから再開したんですけど、ちょっと泣きそうになったんですよ」とNHK大河ドラマ「麒麟がくる」で仕事に復帰した時、感極まったそうです。

続けて、向井さんは「台本があって、それを日々 現場に行ってお芝居が出来るっていうことがすごく何かありがたいなと思いながらやってます。いや〜本当怖かったですから」と仕事が出来る事のありがたさを力説すると、加藤さんは「ひゃ~私ね、改心しましたよ!」と語り、笑いを誘いました。

今回の放送について、ネット上では「今日、加藤浩次を改心させる向井理のファンになりました。言葉にとっても説得力ある!食リポ上手い!これからめちゃ注目する!」「仕事が全部ストップしてたんで現場始まって泣きそうになった、ってきいて私も泣きそうになった…今更ながらに完結出来て本当に良かった…」「マネージャーさんも向井理に才能があるって見抜いてたんだね。最高の巡り合わせだね。凄い」などのコメントが上がっています。

オーディションに受からず悩んでいた向井さん。それを引き止めたマネージャーとの話など、素敵なエピソードが満載でしたね。

【番組情報】
人生最高レストラン
https://tver.jp/corner/f0072026

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.