森山直太朗、窪田正孝は「超ジェントルマン」朝ドラ『エール』で共演して分かった彼の人柄を絶賛!

更新日:

8月28日放送の「あさイチ」(NHK総合)の「プレミアムトーク」では、森山直太朗さんがゲストとして登場。森山さんが連続テレビ小説「エール」で共演する窪田正孝さんの素顔を明かし話題になりました。

(画像:時事通信フォト)

■窪田正孝が朝ドラ「エール」で共演の森山直太朗にメッセージ

今回のゲストは、連続テレビ小説「エール」に藤堂清晴役で出演中の森山直太朗さん。

番組には、「エール」で主人公・古山裕一を演じる窪田正孝さんから森山さん宛てにVTRでメッセージが届いていました。

窪田さんは「お芝居が凄く好きな方なんだなって思って、いつも、そばで見させてもらってて。どういう風に藤堂という役を作り上げていくかっていうところを本当に細かいところまで、凄い想像しながら演じられている印象が現場では感じていて」とコメント。

続けて、窪田さんは「監督のちょっとした要望にも瞬発力で応えられるというか。やっぱり、そういうところは何て言うのかな…役者をやっているだけでは得られない感覚、絶対に。凄く肝が座ってらっしゃるというか、何千人、何万人の前で自分を表現されている。森山直太朗さんの人の大きさが役に反映されている部分はあるじゃないかなと思ってます」と、歌手としての経験が役に反映された森山さんの演技を絶賛します。

■窪田正孝が森山直太朗との共演で印象に残ったシーンを明かす

そして、窪田さんが森山さんとの共演で印象に残っているのが、裕一から国際的なコンクールの賞を取ったという報告を受けた藤堂が喜ぶシーン。この時、森山さんは、気持ちが高まりすぎてコーヒーをこぼしてしまい、撮り直しになってしまったそう。

しかし、窪田さんは「その後、凄い反省していて、素直で真面目な人なんだなって、そん時、印象として凄い残ってます」と、森山さんの誠実さを感じたと言います。

■森山直太朗、窪田正孝は「超ジェントルマン」エールで共演して分かった彼の人柄を絶賛!

窪田さんからのメッセージを見た森山さんは「窪田君は窪田君で凄い良い風に言ってくれていたんですけれども、本当に気遣いの人でね、僕があんなことになっても、もう全然大丈夫ですって。窪田君が一番主演だから出番も多いし、時間もたくさん、長時間集中力を保たなきゃいけないんだけど、そういうの僕が何度失敗しても付き合ったりとかしてくれて、本当に人間的にも超ジェントルマン」と窪田さんの人柄の素晴らしさを絶賛。

続けて、森山さんは「たまに少しロケのスケジュールが飛んで、お休みとかになったら『昨日休みで、仲間とお寿司お昼から食べたんですよ』なんてね、そんな話をしてましたよ。嬉しそうにね、そういうピュアな一面があって」と、窪田さんのオフの時の素顔を明かします。

また、森山さんは、待ち時間で話をしていても、本番が始まると役に一瞬で入り込む窪田さんについて「そういう切り替えとか集中力っていうのは役者さんの筋肉として、凄い必要なもんなんだろうなって勉強になりました」と感心したように語りました。

今回の放送について、ネット上では「窪田正孝さんが言うように直太朗の印象は、ファン目線でも素直で真面目!そんな彼が創る曲は胸に刺さります」「お久しぶりなコメント出演の窪田くんちょっと日焼けしてる設定かな、直太朗さんも窪田くんの事"ちょージェントルマン"ってありがとうございます」「窪田くんが言葉を丁寧に選んで森山直太朗を表現しているのよき」などのコメントがあがっています。

本番が始まると一瞬で役に入り込む役者としての凄みを持ちつつも、オフではまた違った一面を見せる窪田さん。そのギャップに心を打たれた人もいたのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.