宮下草薙・草薙航基『お腹から声出さないと』ブレブレの三瓶にガチダメ出し!一体何が…? #しくじり先生

更新日:

2月3日放送の「しくじり先生 俺みたいになるな!!」(テレビ朝日系)に、「三瓶です」のフレーズでおなじみのピン芸人・三瓶さんが出演。生徒役で出演したお笑いコンビ・宮下草薙の草薙航基さんが三瓶さんに厳しいダメ出しをする場面があり、話題を集めました。

■三瓶がトルコからの帰国理由を語る

今回のゲストは「三瓶です」で一世を風靡したピン芸人・三瓶さん。売れっ子になるも、自分が嫌なことから逃げる性格が災いして、マネージャーからの単独ライブの提案を「だったらこの世界辞めます」と断るなど、忙しさから逃げ続けた結果、仕事は激減。

そうした中、手を差し伸べてくれたのが親友の平愛梨さんで、平さんは夫の長友佑都選手がトルコのチームに移籍したこともあって「トルコに来て私たちの料理作らない?」と三瓶さんを誘いました。

三瓶さんは料理人としてトルコ行きを決断しますが、滞在4日目で早くも帰国したい気持ちが芽生えてしまいました。トルコが嫌になった理由は「日本の知り合いと連絡が取れずストレスが溜まる」「食事が合わない」「コンビニがなく小腹が空いた時に食べるものがない」とのこと。

また、三瓶さんはピン芸人でマイペースな生活を送っていたこともあって、他のスタッフとの共同生活が苦痛だったことも明かします。帰国したい旨を伝えると、長友選手は「三瓶さんが楽しいと思う道を選んでください」と優しい言葉をかけてくれたとのこと。

これは「この人のためにもう1度、頑張ってみよう」という気持ちが生まれそうなシチュエーションでもありますが、三瓶さんはその好意に甘えて帰国を決断。

■草薙航基『お腹から声出さないと』ブレブレの三瓶にガチダメ出し!一体何が…?

三瓶さんは番組のエンディングで、嫌なことから逃げ続けた"しくじり"について、「楽をしたいと選んだ道は楽しくない。人生を楽しむためには逃げてばっかりではなく、どこかで我慢して立ち向かう勇気も必要。人生を楽しく生きたいと思ったら楽な道ばかりではなく、少しくらい辛い道を選ぶことも大事」と反省。

続けて、三瓶さんはゼロになったことで仕事の有り難みを感じるとした上で、「オファーを頂いた仕事は何でもやる覚悟はある」とコメント。

しかし、「何でも」というフレーズに対して首を傾げた三瓶さんは「何でもって言っちゃうとあれかな…」と、"しくじり"を反省しに来たはずが意思がブレブレになる失態を演じてしまいます。

これには生徒役で出演したお笑いコンビ・宮下草薙の草薙航基さんも「僕みたいな考えのテレビ見てる人がみんな『こうはなりたくないな』って思う。そもそも、もっと『お腹から声出さないと』」とガチダメ出し。この指摘には三瓶さんも苦笑を浮かべました。

三瓶さんが出演した番組にはネット上で「しくじり先生 三瓶さん回面白かった!私も楽な方選ぶ派ですが、三瓶さんはその極限を行ってたのかな、と思いました。『楽しい≠楽』は染みた」「腹から声だせを草薙が言うのは草」「草薙『もっとお腹から声出さないと』敢えて『さすが』と言いたい。笑った」などのコメントが上がりました。

今回は、最後に「お腹から声出さないと」と三瓶さんに冷静にダメ出しする草薙さんのコメントが秀逸で際立っていたのではないでしょうか。

【番組情報】
しくじり先生 俺みたいになるな!!
https://abema.tv/video/episode/88-77_s1_p39
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.