V6・三宅健、あの手話パフォーマンスの真相を告白!NHKでもリハにないことをやっちゃってた?

更新日:

毎週月曜放送の「三宅健のラヂオ」(bayfm)。6月17日の放送では、『MUSIC STATION』で披露した手話の振り付けについて裏話が語られるなど、ファンの間で話題となりました。

どうやったらお便りが読まれる?三宅の例えに「天才的」の声


冒頭ではリスナーから、「ラジオでお便りを読んでもらうためのコツってありますか?もっと(投稿ネタに)工夫をして、ラジオの時間が三宅くんやリスナーの皆にとってもっと楽しい時間になればいいな」というお便りが届き、三宅さんは「なんていい子なんだよ」と感動した様子。

三宅さんは、長い文章よりも、簡潔な一言で答えていけるようなものが読まれやすいのではないかとコメントします。

三宅さんは例として「ブラジャー何色が好きですか?みたいな簡単さだと…」と挙げ、スタッフは「いやすごい例え出しましたね」とツッコミをせざるを得ない状況に。ネットでも「例えが天才的ww」「健ちゃん変態(笑)」といった声で溢れるのでした。

あのパフォーマンスはふと降りてきた?Mステ裏話

続いてのお便りでは、「健くんが以前、『これから出演する音楽番組でビームを出す』と言っていたのでいつも以上に集中して見ました。『MUSIC STATION』(テレビ朝日系)で"愛したい"の歌詞に合わせて"I love you"の手話をやっていたように見えたのも、ビームだったのですか?」という質問が。

6月7日放送の『MUSIC STATION』出演時に、三宅健さんが楽曲サビの「I love you」のところで手話のように見える振り付けを披露し、ファンの間で「流石」「素敵」と話題になりました。お便りは、このことについて書かれており、三宅さん自身の口からついに真相が語られました。

三宅さんは読みながら「(自分が言った)"ビーム出す"なんてバカっぽいなぁ~このワード(笑)」と笑いつつ、Mステの裏話を語ります。

三宅さんは「ブラウン管の…」と言ってから「もうブラウン管じゃないよね。ブラウン管なんて長野くんですら使ってないんだから(笑)」と長野博さんをイジりながら、「テレビの前の皆さんに向かって、手話で世界共通の"I love you"というサインがあるんですけど、それがパッと出てきて。気づいたら手話をやっていたんです」と真相を語りました。

NHK「うたコン」でリハにないことをやっちゃってた?

さらに、『うたコン』(NHK)出演の裏話も。リスナーから「先日の『うたコン』(NHK)でV6も一緒に『パプリカ』を踊っていたのが、自分の子どものお気に入りになっている」というお便りが届くと、三宅さんは「(『パプリカ』を歌う)「Foorin」の子どもたちが死ぬほど可愛かったなぁ~」と連呼。

彼らのパフォーマンスには驚かされつつ、V6のメンバーは全員ふにゃ~っとした笑顔で微笑ましく眺めていたのだとか。また、三宅さんの知人の子どもたちも皆ハマっているそうで、『パプリカ』を作詞作曲したのは米津玄師さんについて、「ちびっこ達にそれだけ指示される楽曲を作れるってやっぱり米津さんてすごいよね」と尊敬している様子でした。

歌の最後の「この指とまれ」のシーンでは、三宅さんも指に止まりに行っていましたが、これについては、「リハーサルからやっちゃうと『アイツやるな』って思われるから、本番まで温めておいた」と、ぶっつけ本番の悪ノリだったことをカミングアウト。「NHKの人も『あいつ入っていきやがった…!』って感じだったと思う(笑)」と相変わらずのお茶目っぷりを見せるのでした。

今回は珍しくリスナーからのお便りが続々と読まれ、三宅さんは「皆さんがたくさんメールを送ってくれたら、その熱量に答えていきますので。恵まれてんな~このラジオは!」と締めくくりました。

この放送を聴いたファンも「今日は一段と楽しいお話ばかりだった!」「たくさんお便り読まれたな~私もまた送ろっ」と聴きごたえたっぷりだったようです。テレビの裏話が満載だった今週の放送も、タイムフリーで聴けますのでぜひチェックしてみて下さいね。
http://radiko.jp/#!/ts/BAYFM78/20190618000000
(文:アイドル担当ライター ゆず)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.