日向坂46・齊藤京子が歌う『時代』に小籔千豊が「泣けてくる」理由とは? #HINABINGO が話題

更新日:

6月18日の「HINABINGO!」(日本テレビ系)では、「小籔と全力バスツアー前半戦!」の模様をオンエア。移動中のバス内で行われたカラオケ大会での齊藤京子さんが歌う「時代」で、メンバーが涙を流す様子が話題になりました。

小籔千豊とスポッチャで対戦

番組終了が近いこともあり、MCの小籔千豊さんともっと仲良くなりたい日向坂46のメンバーは、やりたいことをバスツアーで行う企画「小籔と全力バスツアー」を実施。

前半は、「小籔さんとスポッチャで遊びたい!」とメンバーがリクエストします。早速、バスでお台場のスポッチャへと移動。日向坂46チームは4人に対し、小籔さんは東村芽依さんコンビを組み、4対2のハンデ戦で対戦となりますが、アイドル相手とはいえ容赦ない小藪さんチームが快勝します。そして、罰ゲームとして負けたチームのメンバーは変顔をすることに。

続いてテニス、バドミンでも小藪さんチームが勝利。スポッチャでの最後の対戦はゴールキーパーを小藪さん、キッカーは日向坂46チームのサッカーPK対決。ここでも小藪さんが勝利しますが、「このままじゃ終われない」と、メンバーの頼みもあって全員参加でPKを続々と行うことに。

長身の小藪さんからPKを決めるのは無理かと思いきや、高瀬愛奈さんが決めて日向坂46チームの勝利、小藪さんは変顔の罰ゲームを受けました。

小籔千豊が語る新喜劇時代の苦労

移動中のバス内で行われたのが井口眞緒さんのリクエストの「カラオケパーティー」。歌が上手な齊藤京子さんの歌を小藪さんにも聞いて欲しいと熱弁をふるう井口さん。

齊藤さんが歌う流れになり、小藪さんにどんな歌が良いか質問すると、小藪さんがリクエストしたのは中島みゆきさんの名曲「時代」。この歌の思い出について小藪さんは、新婚だった当時、コンビを解散して吉本新喜劇に入団したものの貧乏だった時代を回顧。

金銭的に苦しかったこともあり、アルバイトをしていた小藪さんが、新喜劇に向かう途中に流れてきたのが中島みゆきさんの「時代」なのだとか。

この曲の歌詞とその時の境遇が重なり自然と涙がこぼれたとのこと。「人の歌を聞いて泣くほど辛い境遇だった」と語る小藪さんにとって、自然と涙がこぼれた「時代」は思入れの強い曲のようでした。

齊藤京子の歌う「時代」にメンバーが涙

齊藤さんは、以前、ハスキーボイスを活かした中森明菜さんの「DESIRE-情熱-」が絶賛されるなど、歌唱力に定評のあるメンバー。さっそく「時代」を歌い終えると佐々木美玲さん、佐々木久美さん、高本彩花さん、東村さんと1期生の目からも涙がこぼれます。

「あんな時代もあったねときっと笑って話せるわ」という歌詞は、小藪さんの過去、そして、苦労した1期生の琴線に触れるものがあり、高本さんは「辛い日があってもいつが笑える日がくるのかな。小藪さんの話とか聞いてたら深くて胸に刺さった」とコメントします。

普段は泣かないという齊藤さんも顔を赤らめ涙を見せる様子に、小藪さんも「泣けてくる。齊藤さん上手でした」と労いの言葉をかけました。

小籔千豊の話と齊藤京子の歌に感動の声

ネットでは、「小藪の話もあって、時代って曲の良さもあり、ほんとに感動的だったな」「小藪さんの下積み時代の話聞いたあとのきょんこが時代を歌うと感動したメンバーが泣くのも結成当初は下積み時代だからね」「小藪さんの『時代』のエピソードめちゃくちゃいい話だな」「小藪さんのエピソードからの時代はやばい!」などの声があがっていました。

小藪さんの苦労した時の話、「時代」の歌詞、そして、下積み時代苦労した1期生の記憶とも重なり、感動的な名シーンが生まれたようでした。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.