三浦大知、意外なコンプレックスを告白「ダンサーでもないし、シンガーでもないし…」清塚信也とのトークが話題

投稿日:2021/04/14 16:02 更新日:

4月13日放送の「Yogibo presents FREE STUDIO」(MBS)では、ゲストとして三浦大知さんが登場。歌が上手いと思うアーティストを明かし、話題を集めました。

■三浦が歌が上手いと思うアーティストを明かす

ピアニストの清塚信也さんがMCを務める新番組「FREE STUDIO」の記念すべき初回ゲストは、三浦さん。

視聴者から、「三浦大知が歌上手いなって思うミュージシャンって誰?」との質問が寄せられます。

三浦さんはたくさんいるとしつつ、名前を挙げたのが、2018年リリースの「ハートアップ」、そして2020年発表した「ねがいぼし」でもコラボが実現している絢香さん。

絢香さんの名前を挙げた理由について、三浦さんは「絢香ちゃんが歌った瞬間に、歌の衝撃波が部屋の隅々までビシーって行く感じ」とコメント。

話を聞いた清塚さんが「スピリチュアルな話?」とツッコミを入れると、三浦さんは「違います!」と全力で否定しつつ、「歌った瞬間にウワァーってなるっていうか…。その空気が一瞬で絢香ちゃんの歌になるんです。絢香ちゃんの歌でブワァーって染まって行くっていうか」と絢香さんの歌声の魅力を力説。

また、「自分って歌とダンスやらせていただいてるじゃないですか。(絢香さんは)歌で生きてきた人の歌だなって感じがする。だからステージで歌わせていただくと、めちゃくちゃ贅沢だなと思ってます。いつも」と、絢香さんと歌う時は特別な感情を抱く事を明かしました。

■三浦、意外なコンプレックスを告白「ダンサーでもないし、シンガーでもないし…」清塚とのトークが話題

ここで、清塚さんは「大知ちゃんが自分はダンスもしながら歌ってっていう、そういう感覚があるんだっていうのが意外だった」と三浦さんに伝えます。

すると、三浦さんは「ちょっとコンプレックスなんですよ。歌って踊ってって事に、ものすごく自分で好きだし、誇りを持ってはいるんですけど、なんか歌だけをやってきた人でもなければ、ダンスだけを1本でやってきたわけでもないし、特殊な位置にはいるなとは思うんですよ」と持論を展開。

続けて、「ミュージシャンでもないし、ダンサーでもないし、シンガーでもないし…。でもなんかその真ん中に自分がいて、色んな事やってるんですけど、その1本でやられてきた方にやっぱちょっと敵わない感じっていうのは、やっぱどっかあって」とコメント。

三浦さんのコンプレックスの話を聞いた清塚さんは、「大知ちゃんは三浦大知というジャンルだからね」と伝えると、三浦さんは「そうですね。自分がそうなりたいと思って」と歌って踊れるアーティストでありたいとの思いを語ります。

また、清塚さんが「マイケル・ジャクソンもそうだったからね」と話すと、三浦さんは「そうですね」と相槌を打ちます。

三浦さんから普段は話さないという言葉を引き出した清塚さんは、ドヤ顔でカメラに向かって「100%俺のおかげだよ!」とアピールすることに。

今回の放送にはネット上で、「絢香ちゃんを紹介してました!うれし!しかも、理由がもう最高なんです」「面白かった〜
いや、二人の空気感たまんないね〜清塚さんも大知君大好きね(笑)もちろん大知君もだけど」「まさかコンプレックスだったなんて…。本当、三浦大知というオリジナルのジャンルです。みんなに愛される愛しい方です」などのコメントが上がっています。

三浦さんのコンプレックスの話は意外でしたが、清塚さんが「三浦大知というジャンル」という言葉で、三浦さんは唯一無二の存在だから自信を持ってと伝えるのが良かったですね。

また、コンプレックスの話の時に三浦さんの「Complex」がかかり、スタッフの愛を感じられたのではないでしょうか。

【番組情報】
Yogibo presents FREE STUDIO
https://tver.jp/corner/f0072067

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.