マツコ『エロいのよマツダはお尻が』発言に"わかってらっしゃる"の声! #夜の巷を徘徊する

更新日:

11月7日放送の「夜の巷を徘徊する」(テレビ朝日系)では、マツコ・デラックスさんが「第46回東京モーターショー2019」を訪問。マツダの魅力を雄弁に語るマツコさんの姿が話題となりました。

(画像:時事)

マツコ『エロいのよマツダはお尻が』魅力を熱弁

7日の番組では、先週に引き続き、マツコ・デラックスさんが「東京モーターショー」を訪問した様子を放送。各社のブースに車が並ぶ中でマツコさんが訪問したのがマツダのブースでした。

見たかったという「MAZDA MX-30」を間近で眺めると「フロントの彫りすごいね、かっこいい」と興奮を隠しきれないマツコさん。続けて「マツダ顔がさ、どう展開するのかと思っていたけど、こういうふうに振ってきたのね、かっこいい」とコメント。

また、車の後ろに回ったマツコさんは「可愛いんですけど」と語ると、マツダの丸本明社長も「うちのデザインのトップがこの車のデザインで一番オススメなのは"斜め後ろからのお尻"」と、自社の車の魅力をアピール。

すると、マツコさんも「でも、マツダは最近ね、みんなフロントグリルに目が行きがちだけどお尻よ、エロいのよマツダはお尻が」と独自の視点でマツダ車の魅力を語ります。

そして、運転席で「オシャレ!」とマツコさんの目を引いたのがインテリアで使用されているコルク。ここで、丸本社長はマツダはそもそも、1920年に東洋コルク工業として創業したこともあって、出発点となったコルクがインテリアの素材として使用されていると明かしました。

マツコ、モーターショーでも毒を吐く?

続いてマツコさんが「これ欲しいのよ!」と興味を引きつけたのは「MAZDA CX-8」。先程と同じように後ろに回ったマツコさんは「すごいな、こんな見て、メーカーがわかる感じって、日本にはなかったよ、今まで」と太鼓判を押します。

ただし、マツコさんらしく「これ、トヨタとの癒着がなければ買っています、アタシ」と、マツダとトヨタと資本提携に触れつつ毒を吐きました。そうは言いつつも、乗車してみると、乗り降りしやすいことに加えて、シート、カラーデザインも気に入ったマツコさんは「今、マツダとスズキなんですよ。日本は、この気骨なの。いや〜美しかったマツダやっぱり、これがモーターショーですよ!」と絶賛。

マツコのコメントに"わかってらっしゃる"の声

ネットでは、放送を見た人から「この番組や日頃のコメントを聞く限り、マツコの車好きは本物だな。友達になりたいや。『トヨタと癒着してなかったら…』とか言っちゃってるしこんな気持ちのいい奴はいない」「マツコさんの『TOYOTAとの癒着』発言に笑ってしまったw」「マツダはお尻がエロいとはマツコわかってらっしゃる」などのコメントが上がっています。

マツダ車について語るところでのマツコさんの熱力が高くて、本当に車が好きだってことが伝わってきますね。「お尻がエロい」っていう表現に、クスッときた人も多いのではないでしょうか。

番組は見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみてくださいね。
https://tver.jp/episode/64785274
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.