松浦勝人『一生に一人作れたらプロデューサーとしては…』と浜崎あゆみと安室奈美恵を語る!

更新日:

7月10日放送の「アナザースカイⅡ」(日本テレビ系)では、エイベックス創業者の松浦勝人さんが登場。ハワイで楽曲制作に没頭する松浦さんの姿が話題になりました。

■「アナザースカイⅡ」に松浦勝人が登場

今回のゲストは、エイベックス株式会社創業者で今年に入りCEOからの退任を発表していた松浦勝人さん。

社長の仕事から解放され、現在は、音楽制作に没頭している松浦さんは「『40歳になったら曲が作れない』とか一緒にやってたやつがよく言ってた、若い時だから。それ結構凄い印象に残ってて、40歳過ぎたぐらいから社長になるんですけど、15〜16年社長やってきたけど、横でずっと秋元康さん見てると、ずっと作ってたりするじゃないですか」とトップに立ち続ける秋元康さんから刺激を受けていることを明かします。

続けて松浦さんは「やっぱ作れるんじゃないかな?働いてて、良い時期ってどうしても、やっぱり今の感覚だと40歳、50歳だと思うんで、最後になるかもしれないけど、一番やりたかったことをやってみよう。そもそも何で俺はこの業界に入ったんだろう?ってことを考えたら、そういえば途中でやり残したことがあるなと思って、20年前、途中までやってたことをもう一回やろうと思ったと。5年以内に結果が出なければ終わるんです」と覚悟を語ります。

■松浦勝人が語る覚悟とは?

また、松浦さんは「そんなんいつも言ってきたから、ELT(Every Little Thing)の時だって売れなけきゃ辞めるだし、あゆ(浜崎あゆみ)の時も売れなきゃ辞める。でも、次のは、辞めるじゃなく、退きなさいってことだと思う。あなたはそこにいちゃダメですよ。だって僕がOK出したら誰がNO出すの?絶対出せないんだから」と今がターニングポイントであることを明言します。

その上で松浦さんは「老害みたいな奴いるじゃないですか。色んな会社にもう確実に時代に外れてんのに…。僕もそうかもしんないし、だからそういう風になりたくないなっていうだけです」と、時代から求められなくなったら潔く身を引きたいという本音を吐露しました。

■松浦勝人が浜崎あゆみと安室奈美恵を語る

番組エンディング、司会の今田耕司さんは「曲が売れる、これも楽しいですけど、それが違う現象として広がって行く時あるじゃないですか。今までエイベックスのやって来たことでも。そこまで つくり上げるのが楽しいんですか?」と質問します。

すると、松浦さんは「音楽だけじゃなくて 衣装だとか、現象化して行くっていうのは浜崎(あゆみ)が何かするとみんなそれの真似をするみたいな現象化していくのは…。安室(奈美恵)ちゃんもそうですね、『アムラー』っていう言葉が出たり、全部一致して流行になって行く。一生に一人作れたらプロデューサーとしてはいいと思うんですけど」と2人の歌姫を例に音楽プロデューサーとしての理想を明かします。

そして、松浦さんは「一生懸命探してます」と、現在新しい歌姫候補を探していると語りました。

今回の放送について、ネット上では「あゆさんの話も安室ちゃんの話も出て嬉しかった。松浦さんありがとうございました」「松浦勝人が安室ちゃんのことめっちゃ喋ってる」「松浦勝人って常に時代の流れを読む力がすごいなー。自分の発言が老害になるから『退く』そういう意識がある人がいつまでも輝けるんだろうなー」などのコメントが上がっています。

時代から求められなくなったら退きたいという松浦さんの言葉は潔かったですね。また、浜崎さんと安室さんについて話すのも貴重だったのではないでしょうか。

【番組情報】
アナザースカイII
https://tver.jp/corner/f0053960
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.