マツコが美人女医にしたダメ出しとは?「生きるの大変そうね」マツコ会議が話題

更新日:

8日に放送された日本テレビ系「マツコ会議」では、女性の参加条件が女医であることという医師同士限定の婚活パーティーを会場から中継。今回は男性側も全員医者という条件の元、ボディビル経験者の美人女医やイケメン精神科医など、個性派揃いの婚活パーティーの様子が披露され、話題になっています。

女医VS医者限定の婚活パーティーを中継


今回潜入した婚活パーティは『医師のとも』という医師の人材を紹介し、イベント企画を常時開催する企業が主催。ほぼ月1回ペースで開催され2年半で10組が結婚の運びとなっているようです。番組では、都内・浜松町で開催されているパーティー会場と中継を繋ぎ、会場の様子をリポート。今回の参加男性は全員がドクターでしたが、通常は年収700万円~といったハイスペックな参加条件が多いようです。

意外と謙虚な女医さんたち


番組が早速インタビューしたのは、ド派手なファッションを身にまとう2人組の女性。マツコさんは「すごくステキなんだけど」と誉めつつも「今日みたいな席に着てくる服かな~?」と辛口な意見。広島から上京したという先生は、婚活の場で目立ちたく張り切り過ぎた挙句、空回りしてしまったと失敗をにじませました。また、次に注目した女医は控え目な40歳の歯科医師。地元福岡での出会いを諦め、東京へ引っ越してきたと言い、お目当ての男性に巡り会えたのかという質問に対しては、「誰でも有難い、もらって頂けるのなら」と、何とも低姿勢。今回は3回目の出席となり「イケメンぞろいで有難い」と表情はほころんだ様子を伺わせました。

マツコ「柄物はダメ!」婚活パーティーに柄物衣装は禁物!?


そんな中、会場はマッチングタイムへ。なんと先程の歯科医師の女医が27歳の整形外科医の男性とカップリングが成立しました。とても嬉しそうな先生は「年下としか付き合ったことがない」とコメント。さらに、もう1組が成立。惜しくも撃沈する女性たちに、「(ファッションは)柄物はダメ!」と一刀両断するマツコさんでした。婚活に挑むのであれば男ウケを最も重視しなければならず、一般女性なら“あざとい”くらいに女性らしい格好で狙いにいくと思われますが、今回登場した女医さんたちはキャリアは一流なのに男ウケということにおいては素人な一面が逆に可愛らしくうつっていました。

ハイスペック女子のストイックさにマツコ「生きるの大変そうね」

そんなハイスペックな婚活パーティーにネット上では、「結局は収入が基準なの?」など批判的な声もあがっていましたが、自身の幸せは自分の手で掴みにいく姿勢は医師という険しい道のりをくぐり抜けてきたからこそのたくましさがありました。さらに趣味などにもストイックに励みプライベートもかなりパワフルな女性が多かった印象。ボディビル経験者の女医さんはいまでも日焼けサロンで肌を小麦色に維持し、美しく筋肉のついた二の腕とボディビル時代の写真を披露していました。常にストイックでいなければ気が済まない様子の女性たちに、マツコさんは「生きるの大変そうね」と苦笑いする一幕も。ハイスペック女子の婚活が難しいのはそんなパワフルさについていける男性の方が少ないからなのかもしれません。誰もが羨むようなキャリアでも悩みは様々なのかもしれませんね。女医さんと結婚したいと考えている男性にとっては非常に参考になる放送だったかもしれません。ハイスペック女子だけでなく婚活に挑む女性は“柄物”は避けた方がよさそうですね!(文:武 眞都子)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.