マツコと有吉が"これぐらいやらないと"と提案する「働き方改革」とは?「かりそめ天国」が話題

更新日:

5月22日放送の「マツコ&有吉 かりそめ天国」では、「蔵出し未公開トークSP」の模様をオンエア。マツコ・デラックスさんと有吉弘行さんによる本音トークが話題になりました。

「働き方改革」についてのお悩み相談

この日、視聴者から寄せられたお悩み相談は、「働き方改革の影響もあり職場で効率やスピードやばかり求める」というもの。IT系の企業で働いているという投稿者の職場では、「速い=仕事ができる」という風潮があるそうなのですが、その結果、仕事は速いけど雑な仕事をする人もいるとのこと。

じっくりやることで良い仕事ができることもあるとしながら、マツコさんと有吉さんに「じっくり派か効率&スピード派ですか?」と2択を迫ります。早速、有吉さんが「2択で迫ってくるっていうのが怖いよね」と、そんな単純な問題ではないと手厳しい一言を発します。すると、その意見に同意したマツコさんは、「スピードが速くてちゃんとしてる」のが理想とぐうの音も出ない正論を投稿者にぶつけます。

マツコ&有吉が思う「働き方改革」の難しさとは?

このコメントの流れで有吉さんは「我々は高度プロフェッショナルですから」とコメント。芸能人は労働基準法から外された独自の評価に基づいて働いていることを暗示しましたが、続けて「そもそも高度プロフェッショナルなに?」とまさかの質問をし笑いを誘いました。

ちなみに、高度プロフェッショナルとはざっくりと、「年収1075万円以上の一部の人で労働時間や休日などの制限を受けない制度」のこと。こうした「働き方改革」の流れはテレビ業界にも波及していて、マツコさんもADの数が目に見えて増えたことなどを実感として感じているとコメントしました。

ここでマツコさんから「日本人って体で覚えろ、残業してっというそのやり方しかできなかった。急に変えられないよね」という言葉が。日本特有の仕事のあり方を急に「働き方改革」という新しい基準に変えることの難しさを指摘しました。

「会議は上司のエゴ」大胆な提案が炸裂?

この言葉を聞いた有吉さんは、大胆に変えた方が良いということで、「昼休憩はワイン飲んでもOK」と、やるんだったらこれぐらいやってしまえというアイデアを提案。

続けてマツコさんから、「12時までだったら何時でも出勤OK」という意見も。マツコさんの案は、通勤ラッシュの満員電車に揺られて仕事場に向かう社員の負担を軽減するアイデアで、「12時までだったら何時でも出勤OK」なら満員電車の負担を減らせますよね。

さらに、有吉さんは「昼休憩は3時間」という極論を出すと、マツコさんも「これぐらいのショック療法をやらないと、中途半端では意味がない」と、現行の「働き方改革」について疑問を呈します。他にも、会議についても「会議は上司のエゴ」と、本来なら少人数の話し合いで解決するところをわざわざ会議をすることへの疑問をぶつけました。

マツコ&有吉「働き方改革」改善案に「ありがとう」の声

ネットでは、放送を見た人から、「マツコと有吉の発言力ある二人、働き方改革の話もっと言ってくれ!!」「ほんとそのとおり!有吉とマツコのおっしゃることが全て!(笑)ありがとう!そして拡がれ!!」などの声があがっていました。

2人ならではの視点で披露された「働き方改革」改善案を興味深く見た人が多かったようです。また、今回はVTRなしのトーク集となりましたが、そこについても「またトークだけの回やってほしい」と好意的な意見があがっていました。番組は見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見て下さいね。
https://cu.tv-asahi.co.jp/watch/1598?official=1
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.