マンウィズ「FLY AGAIN」の歌詞がストーリーに?"エモすぎ"と絶賛の声 #ラジエーションハウス が話題

更新日:

4月29日放送の「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」に、ガールズバンド「suga/es(シュガレス)」のボーカル・佐藤ノアさんが登場。劇中では、MAN WITH A MISSIONの「FLY AGAIN」を歌う姿が話題になりました。

「ラジエーションハウス」に佐藤ノアが登場

窪田正孝さん主演のドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」は、毎回豪華なゲストも話題になっています。4話では、女優・山本舞香さんとガールズバンド「suga/es(シュガレス)」のメンバー・佐藤ノアさん、おりはらまよさん、広瀬ちひろさんがゲスト出演。

4話のあらすじを紹介すると、診療放射線技師の主人公・五十嵐唯織(窪田正孝)が働く甘春総合病院に、ガールズバンドでギターを担当する大学生・坂元美月(山本舞香)がやってきます。美月が抱えている問題は右肩の痛み。2週間後に行う解散ライブを成功させるために、痛みの原因を検査する事になります。ギターの山本さんに加えて、佐藤さん、おりはらさん、広瀬さんがガールズバンドのメンバーとして出演。劇中では、「suga/es」の「お前だけじゃない」「溺れる桜も」も演奏したり、ボーカルの佐藤さんがMAN WITH A MISSIONの「FLY AGAIN」を歌うなど、「suga/es」のファンが楽しめる内容となっていました。

「FLY AGAIN」の歌詞ともリンクしたストーリーに注目

「ラジエーションハウス」の主題歌「Remember Me」も担当する、MAN WITH A MISSIONの代表曲「FLY AGAIN」。ドラマ4話ではこの曲の歌詞ともリンクしたストーリーも話題になりました。甘春総合病院で働く、新人放射線技師の広瀬裕乃(広瀬アリス)は、病院に診療にやって来た美月が「FLY AGAIN」を聞いているの知り、親近感を抱きます。学生時代にバスケットに打ち込んでいた時に良く聴いていた「FLY AGAIN」は、裕乃にとっては大切な曲。しかし、この曲は同時に全国大会を目指していた裕乃にとって大きな挫折を思い出させる曲でもあるよう。

過去の挫折を仲間と共に乗り越えて今がある裕乃の姿と、「FLY AGAIN」の歌詞とも重なる「トロフィー、それは勝者だけが手にできる栄光の象徴。勝者は言うだろう、仲間たちがいたから手にできた栄光だと。敗者は言うだろう、仲間たちに申し訳ないと。栄光を掴み損ねたその手には、一体何が残るのか。敗者は知るだろう、それは再び飛び上がる力になることを…」という台詞が感動を呼ぶ事になります。和訳ですが、「そう、君は独りじゃないだからもう1度僕らとともにここから始めるんだ Fly Again」など、「FLY AGAIN」のストレートな歌詞が作品のストーリーにも反映されている所が最高ですね。ちなみに、裕乃が再会したチームメイトとカラオケで歌のも「FLY AGAIN」だったりします。

「FLY AGAIN」回に"エモすぎ"と絶賛の声

ネットでは、放送を見た人から、「ラジエーションハウス、FLY AGAINのオンパレードだったな」「ラジエーションハウス、めっちゃ、Fly Again」「佐藤ノアちゃんがFlyAgain歌ってるのエモすぎ〜〜!!」などの声があがっていました。

佐藤さんの歌う「FLY AGAIN」は好評で、ドラマのストーリー全体に「FLY AGAIN」の歌詞の世界が反映されている点も素晴らしいかったのではないでしょうか。ドラマは見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみて下さいね。
http://fod.fujitv.co.jp/s/genre/drama/ser4h42/4h42810004/
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.