朝ドラ「まんぷく」瀬戸康史と要潤の入浴シーン"仮面ライダー"とあのCMへのオマージュ?

更新日:

安藤サクラさん主演のNHK連続テレビ小説「まんぷく」。第22週「きれいごとは通りませんか」をむかえた2月26日放送の第123回では、瀬戸康史さんと要潤さんの入浴シーンが登場。元“仮面ライダー俳優”2人の入浴シーンに反響が寄せられています。

「まんぷく」第123回のあらすじ

立花萬平(長谷川博己)が苦労して完成させた即席麺「まんぷくラーメン」の偽物が出回り、対策として萬平達は特許を出願します。けれどもある日、萬平たちは特許庁に呼び出されると、「まんぷくラーメン」の偽物を本家と名乗る製造会社「テイコー食品」も、即席ラーメンの製造法を特許申請していることを間接的に伝えられます。「テイコー食品」のやり方に萬平は怒り心頭、自分を見失いそうになります。そんな、夫を心配する福子(安藤サクラ)は、「テイコー食品」との争いの矢面に立ってくれるように口と腕っぷしのたつ、世良勝夫(桐谷健太)にお願いしますが…。

瀬戸康史と要潤の入浴シーンが話題

世界初の即席麺「まんぷくラーメン」の特許をめぐる争いが本格化した「まんぷく」の第123回では、瀬戸康史さんと要潤さんの入浴シーンが話題を呼びました。「まんぷく食品」で働く神部 茂(瀬戸康史)は、仕事が忙しく妻のタカ(岸井ゆきの)にかまおうとしません。娘のタカが悲しむ姿を見て、父親の香田忠彦(要潤)は神部と直接話をすることを決意。2人は、お風呂に入って、タカのことについて話をすることになります。神部と並んでお風呂に入った忠彦は、仕事のことに理解を示した上で「タカのことはおろそかにしてはいけない」「夫婦なんだから話を」と神部に伝えます。最後はタカにもっと優しくしてと語りかけ、2人は打ち解けることになります。

仮面ライダー俳優2人の入浴シーンにあのCMを思い出すの声

放送を見た人からは、「お風呂は、忠彦さんの義理の父親としての優しさに触れた素敵なシーンだったよね」「忠彦さんと神部くんのお風呂シーンはバスロマンのCMにしか見えなかった」などの声があがっていました。義理の父親と息子が入浴する感じが、生田斗真さんと本田博太郎さんが出演する入浴剤のCMのパロディとも捉えることができました。一方で、「瀬戸君のこのシーンを観てから「仮面ライダーキバ」の時の入浴シーンを思い出しました」という意見もあります。瀬戸さんが主演を務めた「仮面ライダーキバ」には、瀬戸さんの入浴シーンが何度も登場し、そこで仲間と色々と語り合うのです。入浴剤のCMのパロディにも見えますが、「仮面ライダーキバ」の入浴シーンのオマージュにもなっていますね。ちなみに、要さんは「仮面ライダーアギト」に出演経験があり、“仮面ライダー俳優”2人の入浴シーンという意味でも貴重な放送回となりました。(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.