M-1優勝「霜降り明星」賞金1,000万円の使い道に加藤浩次「好感度上げようとして」スッキリ出演が話題

更新日:

M-1グランプリ2018で優勝したお笑いコンビ「霜降り明星」の二人が、12月3日放送の「スッキリ」(日本テレビ系)に生出演し、賞金の使い道や今後の活動について、スタジオで激白し話題になっています。

優勝したネタをスタジオで披露した「霜降り明星」の二人に、M-1グランプリを生で見られなかったというハリセンボン・春菜さんも「女子高生くらい笑った」というほど、スタジオ中が笑いに包まれていました。

今後の東京進出の意欲を語る

現在は大阪にお住まいの二人ですが、M-1で優勝したことで東京での仕事も増えることが予想されるそうです。MCの加藤浩次さんに東京進出について聞かれた霜降り明星の粗品さんは「東京にも来たいんですけど、大阪で培ってきたものなんで大阪愛もあって…」と上手にかわしますが、せいやさんは「東京に行きたいっす!」と本音がポロリ。「そこは曖昧なところにしとこうってなったやん」と粗品さんにたしなめられ、「すげー考えてんな!」と加藤さんに突っ込まれていました。今後、出てみたい番組は「世界の果てまでイッテQ!」だそうです。ネットでも応援のコメントが相次いでいて、東京でも大阪でも頑張ってほしいです!

気になる賞金の使い道は?

M-1グランプリ優勝の賞金1000万円をふたりで折半すると単純に500万円ずつという計算になりますが、その賞金の使い道について加藤さんから質問が。せいやさんは残り400万円ほどの、大学の奨学金返済に充てるそうです。一方の粗品さんは「母ちゃんの欲しいもの10個買ってあげたい」そうで、加藤浩次さんに「めっちゃ好感度上げようとしてんじゃん」と突っ込まれていました。アイパッドやマッサージチェアを買ってあげようと考えているそうです。ほっこりする回答にネットでも話題になっていました。

天の声VS霜降り明星のやり取りも話題

エンタメ情報をクイズ形式で伝える恒例の「天の声」でナレーションをつとめる山里亮太さんは、潰しておきたい若手芸人3位に「霜降り明星」を上げており、番組でもフライング乱入し「霜降り明星」の二人を追い返そうとするなど業界内での注目度もかなり高いようです。声も素敵な「霜降り明星」の二人は、MC加藤浩次さんからは直接「天の声」オファーをされ同様する山里さんとのやりとりなども話題になりました。

M-1グランプリで優勝が決まってから番組に引っ張りだこ状態になったようで、「スッキリ」出演前に4本、この後11本の仕事が入っていることを明かし「寝ていない」のだとか。二人の今後の活躍が楽しみです!

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2018 All Rights Reserved.