『青天を衝け』磯村勇斗、草彅剛を大絶賛「慶喜として現場ではずっと自然に生きている」

投稿日:2021/06/25 14:07 更新日:

6月25日放送の「あさイチ」(NHK総合)の「プレミアムトーク」では俳優の磯村勇斗さんがゲストとして登場。磯村さんがNHK大河ドラマ「青天を衝け」で共演した草彅剛さんについて語り話題を集めました。

(画像:時事通信フォト)

■草彅剛が磯村勇斗にメッセージ

今回のゲスト・磯村さんは大河ドラマ「青天を衝け」で第14代将軍の徳川家茂を演じています。

ドラマの中で後の15代将軍・徳川慶喜を演じる草彅さんは磯村さんについて「リハーサルの時からすごい爽やかな空気を勇斗くんが(纏っている)」とコメント。

続けて、草彅さんは「彼が歩くたびにそよ風がファーっとタンポポ咲くようなあれ?タンポポが咲いてんじゃないかな。磯村くんの足元に気品溢れる佇まい。ただかっこいとかじゃなくて、彼自身の品格みたいなものがすごく僕はなんかね刺激的でした」と磯村さんの気品を絶賛します。

また、草薙さんは「いい匂いがして磯村くんの。すごい密着するシーンがあるんすよ。ラベンダーの香りがいいシャンプー使ってんじゃないかなと思ってね。匂いって大事じゃないですか。家茂の香りにノックアウトされましたかね、好きになりました」と磯村さんの匂いに魅力を感じたことを明かしました。

■『青天を衝け』磯村勇斗、草彅剛を大絶賛「慶喜として現場ではずっと自然に生きている」

一方で、磯村さんは「いやすごい刺激的でしたね、僕の方こそ。今回初めましてだったんですけど、やっぱリハーサルの時にお会いして独特のオーラが出てて。これ気安く話しかけられない。なんか、すごい何かね風格というんですかね」と草彅さんとの共演を振り返ります。

続けて、磯村さんは「で、ありながら物腰柔らかいんでどんなふうにお芝居を一緒にできるのかなと楽しみにしていたんですけど、本当に慶喜として現場ではずっと自然に生きているといいますか」とコメント。

また、磯村さんは「だから無理を…無理をしないと言ったら失礼な言い方かもしれませんが本当になんかそのままいてくださってるんで僕も家茂として、何て言うのかやりやすかったというか。すごく変に固まらずにらせてもらえたのかなと思っていて、だから魅力的な方だなと思いましたね。すごく」と語り、草彅さんを絶賛しました。

■博多華丸が見た撮影現場での草彅剛の姿とは?

実は、番組MCの博多華丸・大吉の博多華丸さんも西郷吉之助(隆盛)役で「青天を衝け」に出演しています。

華丸さんは「僕はもう本当生まれ変わりかなって、慶喜さんってこんな人じゃないかなっていう佇まいですよね。もう見せないんです、草彅剛を一切。撮影以外も…。OKってかかったら慶喜のまんま楽屋に入って鍵を閉めてますから。そのぐらいもう見せないです。常に慶喜」と草彅さんの徹底した役作りを明かしました。

今回の放送について、ネット上では「つよぽんからの最高の褒め言葉じゃない磯村くん」「磯村くんのつよぽん評、オーラがあって気安く話しかけられない的な。ファンとしてはふんわり柔らかつよぽんも、やはり現場の俳優さん同士ではオーラを感じるんだな」「磯村さんと華丸さんによると、つよぽんは『常に慶喜』自然に慶喜として居るからこちらも気負わずお芝居できる…というニュアンスでした」などのコメントが上がっています。

磯村さんと華丸さんの言葉から、草彅さんが役に徹していることが伝わってきたのではないでしょうか。

また、若い俳優の磯村さんと共演して刺激をもらったと話す草彅さんの言葉も印象的でしたね。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2021 All Rights Reserved.