ミキ・亜生「大好きですお兄ちゃんのこと」と『徹子の部屋』で兄・昴生への愛を叫ぶ!

更新日:

9月4日放送の「徹子の部屋」(テレビ朝日系)では、お笑いコンビ・ミキが登場。ミキ・亜生さんが兄・昴生さんに対して、愛を叫ぶ場面があり話題になりました。

(画像:時事通信フォト)

■ミキが「徹子の部屋」出演に喜び

今回のゲストであるお笑いコンビ・ミキの2人は、伯父に上岡龍太郎さんを持つ家系ということで、黒柳徹子さんは「上岡龍太郎さんね、私、大ファンなんですけど引退なさるってお決めになって、最後に『徹子の部屋』を選んでくださって」と上岡さんとの思い出を明かします。

続けて、徹子さんは「最後に来てくださってね、本当にその時、私、嬉しかったです。ですから、伯父様が20年前ですか?お座りになった椅子に(今貴方たちが座っている)感想はどんなですか?」と番組に出演した感想を質問しました。

すると、ミキ・昴生さんは「いやあ… その夢にまで見た『徹子の部屋』といいますか、もちろん 伯父さんもね、出てはるので、それは嬉しいことなんですけど」とコメント。

また、弟の亜生さんも「三木家一族がもう喜んでおりますので、この番組に出れたということで」と、家族ぐるみで番組に出演できたことを喜んでいることを徹子さんに報告します。

■亜生「大好きですお兄ちゃんのこと」と『徹子の部屋』で兄・昴生への愛を叫ぶ!

そして、兄弟でコンビを組むきっかけについての話題になり、昴生さんは、芸歴でいえば4年先輩になりますが、鳴かず飛ばずだった時に、亜生さんの方からコンビを組もうと誘ってくれたことを明かします。

ちなみに、上岡さんの苦労を見ていた母親からは、芸人になるのは反対されていたそうで、兄の昴生さんが芸人になったこともあり、亜生さんは、就職して働いていたとのこと。

それでも、亜生さんは「やっぱり楽しそうでしたね。お兄ちゃんが輝いてました」と、昴生さんが楽しそうに漫才をする姿を見て芸人になることを決意したと言います。

続けて、亜生さんが「今も凄い輝いてます」と話すと、徹子さんは「いい弟さんね、あなた」と兄想いな一面を見て感心していました。

徹子さんに褒められて嬉しくなった亜生さんは「大好きですお兄ちゃんのこと」と伝えると、昴生さんは「徹子さんの前でええとこ見せようとしてるだけ、普段こんなこと言わない」とツッコミを入れます。

■昴生、実は不満があった!?

仲の良い2人ですが、昴生さんは、亜生さんが捨て猫を保護して可愛がっていることに不満があるそう。昴生さんは「可愛いのはいいんですけど、腹立つのが吉本から亜生君と猫のカレンダーが発売されたんです…。亜生君と猫なんですよ、僕でよくないかって」と猫に仕事と弟を取られることへの不満を口にしました。

すると、徹子さんは「だから次のページには『昴生と犬』とかね」と提案すると、昴生さんも「僕は犬担当でいきましょうかね」と受け入れていました。

今回の放送について、ネット上では「今更なのかもだけど…ミキが上岡龍太郎の甥っ子だということを初めて知った!!」「徹子さん、ミキの事面白がってる!!」「徹子さんが絶妙にボケて二人が遠慮がちに訂正するトリオ漫才が成立している。おもろい」などのコメントが上がっています。

徹子さんが「昴生と犬」と提案をする流れがとても面白かったですね。また、ミキと徹子さんのトークは、とてもテンポが良くて見ている側も楽しい時間になったのではないでしょうか。

(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, , , ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.