栗原類「自分という存在を…」パリコレ経験で得た哲学に"凄い響いた"と感動の声 #林先生の初耳学 が話題

更新日:

「林先生の初耳学」内の人気コーナー「アンミカ先生が教えるパリコレ学2」。6月2日の放送では、パリコレモデルの先輩として栗原類さんが登場。パリコレを経験した者だからこそ語れる言葉が話題になりました。

アンミカがファッション審査で厳しいダメ出し?

この投稿をInstagramで見る

今日のパリコレ学はH&Mで、今年旬の白いTシャツに何を合わせるか...一位のモデルさんが着ていたスカートと靴を買ってしまった❤️ 。 今日はその靴と、全身ZARAとH&Mのコーデで✨ 。 厳しい事を言うのはとてもパワーが必要です。言葉に責任を持たなければならないので、根底には愛を持たないと言えません。 人の何かを変えるには、大きな衝撃が必要な事も。。 。 素敵なモデルさんに成長してくれる事を願っています。。 。 #日曜はカラフルの後に取材を終え英会話の @rosettastonelc へ #今日はモスグリーンと金の気分で メッシュトップス #zara 短パン 、靴 #hm渋谷店 @hatsumimigaku

Mika Ahnさん(@ahnmikaofficial)がシェアした投稿 -

アンミカさんに加えて、「VOGUE」や「ELLE」などのファッション誌でも活躍したスタイリスト・清水けい子さんを特別講師に迎えたファッション審査。今回のテーマは、白無地Tシャツを使ってのコーディネートですが、デニムオンデニムできめた伊藤葵さんは「不合格」の判定を下されます。

「ただダサくて大っきい人。努力は認めるが洗練されたレベルアップ」が必要と、厳しさの中に愛のあるダメ出しをするアンミカさん。続いて平田かのんさんと黒木ユウさんが「不合格」の判定。清水さんはアドバイスとして、ファッション誌のメイクのテーマをあえて隠して、これは何をテーマにしているのか自分で考えることの重要性を説きます。

一方で、三根有葵さんについては、アンミカさんが「思わずスカート買いたくなる」と言うなど、見た人が思わず買いたくなるコーディネートが素晴らしく判定は「合格」。前回最下位からいろんな雑誌で勉強した成果を見事に発揮しました。

パリコレ経験者・栗原類が学院生に伝えたいこととは?

今回は、学院生達のモチベーションを上げるため、2014年に「ヨウジヤマモト」のショーモデルとしてパリコレを経験した栗原類さんが登場します。パリコレで印象的だった出来事として、「ヨウジヤマモト」のショーに出演した時、「ゲネプロ(リハーサル)の導線にペンキが塗ってあった」ことに驚いたと語る栗原さん。実はこれ、リハーサル時にペンキを塗った方が面白いと感じた山本耀司さんのアイデアだったそう。

本番ではリハーサルとは違ったことが起きても不思議ではない場所のパリコレでは「常に自分を無にすることが重要」と経験者ならではのアドバイスを送ります。

また、モデルはあくまでも服を見せる職業、「自分という存在をいかに消せるのかが重要」と、モデルとしての心構えも説きます。そして、パリコレに出たことで「表現することの楽しさに出会えた」と語る栗原さんは、「自分自身が楽しむ気持ちを持つこと。挫折する大切さ、挫折の良さ感じ続けてパリコレを目指して欲しい」と、学院生達にエールを送ります。パリコレ経験者ならではの言葉は、これからパリコレを目指す学院生達にも響くものがあったようでした。

栗原類の言葉「凄いグッときた」感動の声

ネットでは、放送を見人から、「パリコレ学に栗原類出てたけど、発言がしっかりしててカッコよかった。久々に見たけどイメージ変わった」「栗原類くんの言葉が凄いグッときた…素敵だな」「パリコレ学の栗原類くん、すごいいいこと言ってた」「挫折することの良さ!もう1回聞きたいさっきの言葉」「凄い響いた」などの声があがっていました。

一点を見つめて、「挫折することの大切」を語る栗原さんの真摯な言葉は人生の格言のように心に響くものがあったのではないでしょうか。「パリコレ学」は見逃し配信もあるので、見ていない人はぜひ見てみて下さいね。
https://tver.jp/corner/f0035631
(文:かんだがわのぞみ)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.