森山直太朗、紅白で木村拓哉を怒らせていた?和田アキ子から「怒ってたで」顔面蒼白のエピソード明かす

更新日:

毎週日曜放送の「木村拓哉 Flow」(Tokyo FM)」は、6月のゲストはシンガーソングライターの森山直太朗さん。6月2日の放送では、2人の出会いのエピソードが明かされ、「面白い」と話題になっています。

「俺には認識がないじゃん!」森山直太朗、二人の出会いにフェイント?

冒頭では、2人の出会いの認識が違っていたことを知った森山さんが「非常ーーに残念な気持ちです」と吐露。「シアターコクーンでアルバイトしてた時、お客さんで木村さんが来て」と言われ「知らないよ!」と返す木村さん。

当時スタンディングオベーションはなしとされていた劇場で、アンコール後木村さんは「最高だよ!」と立ち上がって拍手をしてしまい、森山さんは止めるに止められなかったのだとか。「あのとき俺は直太朗としての認識がないじゃん!」と、劇場スタッフだった森山さんを認識できるはずのないことをツッコむ木村さんに、「(認識あるのは)Mステですね」と返す森山さん。「そっちだよ」と話題は正真正銘2人の出会いに移ります。

「木村さんに救われた新人いっぱいいる」新人時代の感動秘話

当時、急遽代打でMステ出演が決まったという森山さんは、SMAP、モーニング娘。など人気アーティストが集まる中、緊張していたそう。森山さんはランスルー(通しのリハーサル)で「ぶちかましとかないとやべぇ」と120%の力で臨んだそうで、他の出演者がすぐに帰る中、木村さんは1人残って「君、いいよ」と声をかけてくれたのだそう。

「ジャニーさんみたいに『You、いいねぇ』って(言ってくれた)」という森山さんに「いやYouは言ってないと思う!」と木村さんは大笑い。森山さんは「帰り際に皆さんでさくらの鼻歌歌ってくれて。あぁやって木村さんに救われた新人いっぱいいると思う」と嬉しかった当時を振り返りました。

和田アキ子「木村怒ってたで」紅白ではしゃぎすぎた?顔面蒼白エピソードを告白

さらに、そんな嬉しい出会いを経た同年の紅白で、ミニコーナーのリハーサル中、力を抜く一同に木村さんが「流れ作業みたいにやるの良くない」と注意し、「直太朗は頑張ってたよ」と自分の出来を褒めてくれたそう。嬉しくなってしまった森山さんは、トリの「世界に一つだけの花」を紅・白2組全体で歌う際、「いいぞいいぞ!SMAP最高ー!」と合いの手を入れまくってしまったのだそう。

後の打ち上げで、和田アキ子さんに「木村怒ってたで。はしゃぎすぎやで自分」と教えられ、顔面蒼白になる森山さん。「すみません変なスイッチ入っちゃって」と謝りに行く「ホントだよ」と返されたそうです。

「これが自分のメモリーですねぇ」という森山さんに「何だその締め(笑)」とツッコんだ木村さんは、「今(Mステや紅白の)情景がすごい蘇ってきた」と当時を思い出した様子。「やっぱ(紅白で)うるさかったですか?」と聞かれ「ちょっとね。一般の人入ってきちゃったのかな?って。歌の時はすげーアーティストなのに」と笑っていました。

「2人の出会い面白い」感動の声続々

今回の放送で常に笑いっぱなしだった木村さん。ファンからは「木村さん終始楽しそう(笑)」「2人の出会い面白い」「森山さん面白すぎ!そして語られるエピソードが木村くんだなぁって思った」といった声があがっていました。

また、最後に森山さんの「さくら」が流れた際、木村さんは「『世界に一つだけの花』と発売日が同じなんですよ」とSMAP時代の曲名を口にします。これにはファンから「木村くんの口から『世界に一つだけの花が』!」「発売日一緒なの知らなかった!その単語聞けて幸せ」など歓喜の声が上がりました。

「来週も楽しみ」とネットでも話題の今回の放送。聞き逃した方はタイムフリーで聴けますのでぜひチェックしてみてくださいね。
http://radiko.jp/share/?sid=FMT&t=20190602113000
(文:ジャニーズライター ゆず)

関連キーワードから記事を見る
, ,

Copyright© COCONUTS , 2020 All Rights Reserved.