キスマイ北山宏光出演のA-Studio内容濃すぎて"永久保存版じゃん"と話題に「まじ吐きそうだった」裏話を赤裸々告白

更新日:

15日放送の日本テレビ系トーク番組『A-Studio』にKis-My-Ft2・北山宏光さんが出演。事務所の大先輩・中居正広さんからジャニーズアイランド代表取締役社長滝沢秀明さんとの逸話を次々と明かし、大きな話題となりました。

中居さんの「無償の愛」に感激

2014年にSMAPが司会を務めたフジテレビ系『武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ』内でのコーナーで「北山にやらせてやってくれ」と中居さんがスタッフに進言し、司会の座に就いた北山さん。「芸能界で一番緊張した仕事。寝れなかったし、まじ吐きそうだったし…。『SMAPさんです』っていう紹介の名前も噛んだし、いまだに忘れられない」と、当時の心境を吐露。本番中の時間配分をその場で調整するのも司会の役目であり、CMの間に中居さんから「ここは見せたほうがいいから、ここは巻け」といった具体的なアドバイスをもらっていたことを激白しました。しかし、中居さんのように臨機応変に応じることが出来ず、当時の北山さんは「俺無理だよそんなCM中」と焦ってばかり。中居さんには「無償の愛を感じます」と大先輩の偉大さを身に染みた北山さんでした。

滝沢氏のカリスマ性は天性である

昨年、芸能活動を引退し、現在はプロデュース業に専念している滝沢さんの運営サイド入りには「いつかなるなと思った」と見解を示した北山さん。ジャニーズ事務所社長・ジャニー喜多川さんの誕生会でお酒の仕入れを任された際、滝沢さんに報告に行くと「これ高すぎるから、これとこれ削って」と的確な指示を。以前から後輩に上手く役割を分担し、インカムなどを駆使しながら場を仕切っていたと語りました。いつしか、滝沢さんは「人の動かし方をすごいわかっている」存在として尊敬を集めていたようです。また「誰かの人生を扱うわけだから、僕は二足のわらじは履けない」と滝沢さんが芸能界を引退した理由を語っていたことも打ち明けました。

グループ編成はファミレスで!?

ジャニー喜多川さんについて番組MCの笑福亭鶴瓶さんから「(オーディションで将来)こんな顔になると分かっているのか?」と問われると「10年後の彼達の顔が分かるんだよ」と話していると答えた北山さん。また、ジャニー氏が決めるグループ編成について、ファミレスでのご飯などで決めているのではないかと自身の見解を示し、「そこで誰が話を回しているのかなど全部見ている」と激白。他人には分からない感覚でジャニーさんがグループのメンバーを決めていると明かしました。これらの放送にネット上では、「タッキーのプロデューサーとしての才能が今後見物だね」「中居くんにとって、北山くんはかけがえのない存在なんだよ」「感動して泣けた」「内容が濃い!永久保存版」などといった歓喜の声が上がり、盛り上がりを見せました。

映画初出演で初主演を飾った北山さんは“猫”に

北山さんが映画初出演にして初主演作品となった『トラさん~僕が猫になったワケ~』は2月15日(金)より全国公開中。北山さんは“猫”になってこの世に帰還することになる漫画家・高畑寿々男を演じます。身の程知らずのポジティブな性格で、酒とギャンブルに溺れる日々を過ごす寿々男。ところが、競輪で大当たりして喜んだ帰り道、交通事故で歩道橋から落ちて死んでしまうことに。死後の世界では、面接を受けて次の命が決められる「関所」において、寿々男のあまりのクズっぷりに裁判長も呆れ顔の様子。そして、下された判決は「執行猶予1か月。家族の元へ戻り、家族の本当の心・自身の本当の心を見つめ直すものとする。ただし、猫として」という条件が…。そして寿々男は、猫の姿で妻と娘の元に戻るという少し変わったストーリーに注目が集まっています。役作りについて、北山さんは「筧昌也監督デザインの“猫スーツ”に身を包み、自身が昔飼っていた猫のしぐさを思い返したり猫の動画を見て研究した」とのこと。“猫ぶり”にも注目ですね。(文:武 眞都子)

関連キーワードから記事を見る
, , ,

Copyright© COCONUTS , 2019 All Rights Reserved.